HKD

北海道の旅を振り返りまーす。

雲の上。ウキウキしますなぁ。空の旅約90分~♪

新千歳空港から、

ヴィクトリア建築の建物と運河、ガラスの街、小樽へ向かいます。

小樽駅に着くと、出迎えてくれたのが、ホームのランプたち。うーんとても素敵。

ここで、ちょいと、小樽についてお勉強。

小樽のルーツはニシン漁にありますが、明治に入り、北海道開拓が本格化すると、その玄関港として発展します。多くの開拓移民が小樽に上陸し、それを支える様々な開拓物資や生活用品を満載した北前船 (弁財船)が集結し、商港としての発展基盤がここで生まれます。

明治13年に日本で三番目の鉄道が札幌との間に敷かれて、流通の要となった小樽では、港湾の整備が進 められ、積荷を保管する木骨石造倉庫が次々に立ち並びました。明治32年には開港場として指定され、国際貿易港になりました。

北一ホールへ。

ちょうど、グランドピアノの生伴奏があり、うっとりと

、ランプの光と、灯油のにおいに浸り、

ん、なんとなく意識が朦朧とす・・・る((笑))

雰囲気が良いのだが、あまり、長時間はいられないかもだわ。

北一ガラスは、かつて小樽で石油ランプの製造を始めました。電気が普及していない当時、浅原硝子の製造するランプは、人々の生活必需品でした。さらに明治43年には漁業用の浮き玉の製造も始め、小樽、室蘭、旭川、釧路、樺太と製造工場を増設し、従業員数も約400名となり、当時の北海道では大企業に名を連ねたそうな。

ニシン(魚)御殿が立つほどのおさかな天国でした。

今も、海岸は卵を産み付けにやってくるニシンで、海の色がニシン色に染まるそうですよ。

こちらは手宮線跡地。

開拓のために北海道で最初に敷かれた旧国鉄手宮線の一部で、長さ約3kmの線路が今も残ります。

にしん、お金、ガラス、当時は色んなものが運ばれたんでしょうね。

線路脇の写真展鑑賞中。

にしても、‘涼’を求めて北海道に来たのに、例年になく暑かったそうな。

うん、だって32℃くらいあったもん。

長袖要らず・・・。暑いよう。それでも、木陰は涼しいなぁ。

と、思うようにした((笑))だって北海道に来たんだもん。

 煉瓦作りの倉庫にツタが這う海猫屋さん。

小林多喜二の小説「不在地主」のモデルとなった旧礒野商店の倉庫を再利用しているそうです。

薄暗い店内で、恐らくじっくりコトコト煮込んだであろうビーフシチューをオーダー。

ほろほろでしたよ。なまら美味い。

小樽、雰囲気が好きだなぁ。

2泊しました。ぜひまた来たいと思います。

トマムへつづく。


| | コメント (4)

心に水を差す。

お茶の水~湯島~上野界隈へ、りなさんぽ。

季節は梅雨なのですね。

植物たちが元気いっぱいでした。

気を落ち着かせるために、

お寺に行ったり、空を見上げたり、絵を見に行ったり、動物と話したり・・・

色んな物の力を借りることが多いのですが、

行ってきました。

雨の上野。

♪上野発の〜

蓮の葉が不忍池を覆っています。

♪上野発の〜大きな鯉が近づいてきました。。。何も持ってないよぅ。

お腹が空いたので、

♪上野発の〜

池の端 藪そばさんへ。

藪御三家のひとつ!らしい。

♪上野発の〜かしわ南ばん を注文。

挽きぐるみといって、甘皮を付けたまま石臼で挽いたそば粉を清水だけでつなぐ。

ひな鶏と、焼きネギがおいしい。

辛口の奥深い味わいのするつゆは、蕎麦湯でズズーッと頂きました。

江戸っ子でぇぃ!おいしかった~。


| | コメント (4)

入梅前の鎌倉へ。

いざ鎌倉。

まで行ってきました。

今日は暑くもなく、寒くもなく、曇天の鎌倉。

まず、鎌倉駅から歩いて30分。

デザイナーズ住居?素敵なお家が軒を連ね、それだけでも楽しい散歩小径コース。

そして、

moneybag銭洗弁財天。へ。

源頼朝に、巳年の1185年(文治 1)、巳の月、巳の日の夜、

「この福水で神仏を供養すれば天下泰平に治まる」

という夢のお告げがあり創建されたと伝える。その後、北条時頼が霊水で金銭を洗い、一家繁栄を祈った。

それが今日の銭洗信仰の始まりだそうな。

霊水でお金とココロを洗ってみました。

佐助稲荷神社へ。朱塗りの鳥居をくぐると、苔むした境内が。

そこから、やぶ蚊のいるハイキングコースを抜け、

樹ガーデンへ。

ここはドコ?天空のガーデンテラス。

緑生い茂る丘の中に、鳥たちのさえずりと、風の声が聴こえてきそうでしょ。

きもちーーーー!!!OJで、喉の渇きを潤わせました。

長谷方面へ下山して由比ガ浜へ。

大仏さまを横目に、予約していたビストロ。

“パパノエル”

ランチコースをいただきました。

海老、ズワイガニ、アボカドのタルタルをトマトジュレと

真鯛のポワレ ベルモットソース

ぱりぱりの皮と、白身の脂の乗り具合がたまらなく美味しい。

ベルモットソースおいちぃ。ベルモットってなんだろ。あ、リキュールかぁheart01

前菜3種と、メインのお肉と、お魚料理の中から選び、

パンとドリンクと、プチデザートがつきてきます。

ご夫婦でやられている、こじんまりとしたお店で、白を基調としたフレンチシックな店内。

シェフの細やかな味付けセンスが存分に感じられます。

また絶対来たいっ!!!

本当にお勧めなのでぜひ。

あじさいの名所。成就院へ。

2,3株咲いてはいましたが、まだまだかな。。。

由比ガ浜海岸は、台風の影響でちょっとうねってる。

江ノ電に乗り、江ノ島へ。海岸でとんびにおびえながら遊びました。

古都鎌倉。とっても楽しかった~。

| | コメント (2)

GW


新潟に行ってました。

期間中、唯一晴れた貴重な日に、

GW海にほど近いワイナリーへ。

GW

広大な敷地の番猫。

ワインを試飲したり、マルシェで天然酵母パンを買ったり、ジェラートのトリプル(ピスタチオ、焦がしりんご、チョコナッツ)を食べたり。

GW

家族水入らず、ワインも入らない?

いえ、たくさん入りました(笑)

楽しいGWでした。

| | コメント (3)

たそがれ日本海。

日本海。

海風がまだちょっと冷たい日本海の夕暮れ。

| | コメント (4)

はこねなのね。

先週末は、

友人7人で、仲よく箱根に行ってきましたrvcar

なんか、最近旅行ばかりしている感じだわ。

こちらは、どんより雲の、箱根芦ノ湖。

降った雪が解けずに残っていました。

さ、寒い。

Sbsh1210

この後、我々は、スワンボートに乗りました。

筋肉通・・・。

箱根湯本のお宿の温泉と、お食事を堪能しました。

翌日は、

大涌谷へ。

Sbsh1235くろたまごとわたし。

1個食べれば、寿命が延びる、延命のたまごです。

ふははは~。crown

湯上り美人肌、湯むきたまごのような、つるりん肌になれますように。

お昼は自然薯のおそばをいただきました。

Sbsh1248_3

はこねよいとこ。

Sbsh1248_2

| | コメント (1)

‘Brother Earth’

‘Brother Earth’

世界一のプラネタリウム、すごいでしょ?

50分にも及ぶ宇宙の旅でした~。

解説のお兄さんの声が優しくて、うたた寝しちゃった。

-30度の世界へ。‘極寒ラボ’にて。

いきなり、-30度になると、身体がびっくりしてしまうので、

身体を慣らすための前室-10度の部屋→-30度→-10度 と順序を踏みます。

-30度の世界には5分滞在しました。

画像、心なしか鼻が赤くなってるWWW  

宇宙のスペース。大興奮!!!!!

半日遊べますので、名古屋に来たらぜひ。

| | コメント (1)

サイエンスの旅。

名古屋市科学館へ行ってきました。

ギネス認定☆ 世界で一番大きなプラネタリウムがあります。
昨年の開館当初は、朝一から並ばないと、すぐ満席になっちゃうと、大人気のプラネタリウム。
今日は余裕がありました。

竜巻ラボでは、9メートルの高さで作る、人工竜巻が見られます。

サイエンスの旅。

サイエンスの旅。

館内は、生命のひみつ、宇宙、化学、地球、機械技術、

こころゆさぶる夢がいっぱいありました。

理科の教科書にそのまま入っちゃった感じ。いろいろ体感することができます。
面白くて、大規模なので、半日楽しめます。

ランチは併設のカフェにて、
サイエンスの旅。

地球BOXハワイアンロコモコ丼と、みどり虫ベーグルを食べました。
1個のベーグルに15億ものみどり虫が入っています。虫って…。

恐る恐る食べてみると、よもぎの味がしました。
みどりむしおいしい。

つづく。

| | コメント (1)

京都最終日。

京都の朝は早いぜよ。

お日様が上がってすぐ、はだ寒い、ヒヤッと気持ちの良い朝の空気の中、

北野天満宮さんへお参りしてきました。

「生涯学ぶこころを忘れませんように」

なんだか、身も心も頭も引き締まるお寺でした。

境内にたくさん祀られてる牛さんに優しくお見送りされて。

銀閣寺方面へ。

哲学の道を歩き出すころには、暑くなっていました。

お天気に恵まれた3日間。本当に良かった。

途中、寄り道して、

法然院という、山陰にひっそりと佇むお寺へ迷い込みまして・・・。

しかし、ここが素晴らしい。

苔生した、ずっしりと構えるかやぶき屋根の門が、森の奥に佇んでいて、光が差しこんでいます。

逆光だったから、夢でよく見る、ゴールに見えました。笑

そして、こちらが、永観堂の枯山水

もみじのお寺、見返り観音で有名なこのお寺。

残念ながら、紅葉はまだだったけれど、のんびりと時間を過ごしました。

京都 永楽屋さんの、出来立てわらび餅。

限定15食 お値段1200円!!注文してから作ってくれます。

画像では黒めに見えますが、実際は濃いグレーです。

お話によると、作ってる途中で、透明な色からグレーに変色するそうです。

ぷにゅぷにゅ触感、で普通のものに比べ粘りが強く、よりお餅に近い感じ。

また行きたい。

サロン、お客はほぼ女性。

和菓子好き(洋菓子もだけど・・・)にはたまらない天国のような場所でした。

お土産には、

お味噌汁でも、お鍋でも、鶏肉料理にもよく合う、‘原了郭’の黒七味

‘にじゆら’のてぬぐいを買いました。

ちょーーーーーー迷いに迷った挙句、1枚厳選しました。

かなり可愛くておすすめします。

N700系には乗れなかったけど、新幹線で東の京までかえりんす。

いっぱい、パワーいただきました。

メラψ(`∇´)ψメラ

| | コメント (1)

京都1日目。

宇治の、平等院鳳凰堂へ。

老朽化のため、堂内に入るには制限があり、50人くらいずつ入らされました。

シンメトリーが美しい。

そして、稲荷神社の総本山、伏見稲荷へ。

こちらの千本鳥居が大好きで、久々に訪れました。

映画「SAYURI」のロケ地でも有名です。

朱色×漆黒のツーカラーが幻想的でした。

が、人が多い。この写真の反対側にはシャッター町の人が、たくさんおりました。

夜は、先斗町へ。

←生麩のゆず味噌焼きlovely

いいですね~、このあたり。

狭い路地に、町屋作りの飲み屋さんがズラリ。

灯篭の店明かりもぽんといい!

…いや、本当にいい!!

おいしいお酒を飲みながら、

京料理を堪能しました。

お味は最高ですね。

←京風 揚げ出し豆腐あんかけ

出汁がきいてて、味が染みていてどれもこれも絶品でした。

お店の名前を忘れてしまった。。。くやしい。

紅葉でもないこの時期。

11月あたりから、夜のお寺のライトアップが始まります。

なので、どこも、夜の拝観はありません。。。

そんな中、見つけた

妙心寺の、梵燈の明かり親しむ会へ。

「生・死・事・大」ショウジジダイ

≪私たちには、生、老、病、死  という大事があります。

人生に大事があればこそ、今生かされている「いのち」を自覚し、

今を如何に生きるかが一大事ではないでしょうか。≫

お寺の中は、ろうそくと行燈の明かりのみであとは、真っ暗でした。

明かりと、どこからか流れる水の音と、コオロギの鳴き声のみの夜。

幻想的で、神秘的で、

何より、この言葉に心打たれました。

生かされてる命、今を一生懸命生きよう。

そして、自分の身を削って、周りを明るく、温かく照らす、ロウソクのように、優しい心でいたい。

そう思いました。

とても、いい一日の締めくくり。

京都1日目、素晴らしい日に感謝。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧