« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

美脚お披露目。

美脚お披露目。
か、かわいぃ。
可愛すぎてたまらない。

父が家庭菜園で育てた、
モデル並みの長い脚を持つキャロットちゃん。
絡めた脚がとてもセクシィ。

癒されるわぁ

| | コメント (3)

15時のおやつ。

15時のおやつ。
頂いたお土産がとっても美味しかったので、ご紹介。

レディGAGAならぬ、レディー加賀。で有名な加賀市のお土産。

松葉屋さんの、月よみ山路 と 音羽堂さんの、紫雲石。

まず、素敵なお名前をもつ、月よみ山路は、
蒸し羊羹です。
包まれている竹の葉を開けると、竹の香りとともに、もっちり蒸された羊羹が!胡桃入り。

お餅みたいに、もちもちした歯ざわりで、胡桃の甘みと、固い歯ごたえが最高です!
温めていただいてみました。

お次は。
紫雲石。
こちらは皇太子殿下献上お買い上げの品だそうです。
包み紙に1つ1つふんわり包まれていて、

寒天の中に小豆が、やっぱり1つ1つ入っています。
周りの粉砂糖がシャリっとしていて、甘みを抑えた寒天と小豆がすごく美味しい。
寒天の透明感が涼しげで、透き通る川の様です(^^)
きっと、冬の間北陸に降った雪解けの水も、このお菓子みたいに澄んでるんだろうな。なんて思いながら、お茶をいただきました。

| | コメント (2)

『ミッドナイト イン パリ』

『ミッドナイト イン パリ』
ウディ アレン監督の、お伽話のプレゼント。

わたしの大好きな都、パリが舞台のお話。

エッフェル塔、凱旋門、セーヌ川、ムーランルージュ、冒頭では、これでもか!ってほどパリのシンボルの画が出てきます。

将来も約束され、人生もそこそこの小説家が、、1920年代のパリに迷い込むという設定。
12時の鐘がなるとどこからか、お迎えがやってきて、そうそうたる芸術家たちに遭遇する。
ヘミングウェイ、ピカソ、ダリ、ロートレック、など。

パリだから、もちろん恋もする。
ベルエポックのパリにも迷い込む。
電灯はなく、ガス灯の時代。
マリオン コティヤールが素晴らしく可憐でした。ファッションも上品でステキ。勉強になります。

現代人に投げかける監督のメッセージも、押し付けがましくなく、とてもポジティブ。

ぜひ。

| | コメント (2)

心に水を差す。

お茶の水~湯島~上野界隈へ、りなさんぽ。

季節は梅雨なのですね。

植物たちが元気いっぱいでした。

気を落ち着かせるために、

お寺に行ったり、空を見上げたり、絵を見に行ったり、動物と話したり・・・

色んな物の力を借りることが多いのですが、

行ってきました。

雨の上野。

♪上野発の〜

蓮の葉が不忍池を覆っています。

♪上野発の〜大きな鯉が近づいてきました。。。何も持ってないよぅ。

お腹が空いたので、

♪上野発の〜

池の端 藪そばさんへ。

藪御三家のひとつ!らしい。

♪上野発の〜かしわ南ばん を注文。

挽きぐるみといって、甘皮を付けたまま石臼で挽いたそば粉を清水だけでつなぐ。

ひな鶏と、焼きネギがおいしい。

辛口の奥深い味わいのするつゆは、蕎麦湯でズズーッと頂きました。

江戸っ子でぇぃ!おいしかった~。


| | コメント (4)

今夜も。ユーロ

ダイエット。!(笑)
〓熱い応援で、一人眠れぬ夜を過ごしています。

あ〜お腹すいてきちゃた。。

| | コメント (1)

パリとプロウ゛ァンス

パリとプロウ゛ァンス
パリとプロウ゛ァンス
駆け込みで
セザンヌ展へ。

六本木、国立新美術館へ。

何せ11日までだからぁ!
混雑してるかなぁ(T-T)

と思いきや、意外にスムーズ。
しかも本当にすごくよかった。(言葉が重複するほどよかった。という事)
カンバスにあえて余白を残す描き方や、
お馴染みの静物画、りんごの作品もあったけれど、中でも

『庭園の花瓶』
という作品に出会えてよかった。

すばらしい青使い。に圧倒的な存在感。
スーベニアSHOPにポストカードがなかったのが残念でならない。。。


青と言えば、侍ブルー
今夜は6ー0で圧勝しましたね。♪\(>∀<)/♪

脱線しました…。

セザンヌに感化され、
私も描こうかな。
なんて画家を気取ってみたくなった今日この頃。

6月11日まで。
混雑覚悟でぜひ!

| | コメント (1)

入梅前の鎌倉へ。

いざ鎌倉。

まで行ってきました。

今日は暑くもなく、寒くもなく、曇天の鎌倉。

まず、鎌倉駅から歩いて30分。

デザイナーズ住居?素敵なお家が軒を連ね、それだけでも楽しい散歩小径コース。

そして、

moneybag銭洗弁財天。へ。

源頼朝に、巳年の1185年(文治 1)、巳の月、巳の日の夜、

「この福水で神仏を供養すれば天下泰平に治まる」

という夢のお告げがあり創建されたと伝える。その後、北条時頼が霊水で金銭を洗い、一家繁栄を祈った。

それが今日の銭洗信仰の始まりだそうな。

霊水でお金とココロを洗ってみました。

佐助稲荷神社へ。朱塗りの鳥居をくぐると、苔むした境内が。

そこから、やぶ蚊のいるハイキングコースを抜け、

樹ガーデンへ。

ここはドコ?天空のガーデンテラス。

緑生い茂る丘の中に、鳥たちのさえずりと、風の声が聴こえてきそうでしょ。

きもちーーーー!!!OJで、喉の渇きを潤わせました。

長谷方面へ下山して由比ガ浜へ。

大仏さまを横目に、予約していたビストロ。

“パパノエル”

ランチコースをいただきました。

海老、ズワイガニ、アボカドのタルタルをトマトジュレと

真鯛のポワレ ベルモットソース

ぱりぱりの皮と、白身の脂の乗り具合がたまらなく美味しい。

ベルモットソースおいちぃ。ベルモットってなんだろ。あ、リキュールかぁheart01

前菜3種と、メインのお肉と、お魚料理の中から選び、

パンとドリンクと、プチデザートがつきてきます。

ご夫婦でやられている、こじんまりとしたお店で、白を基調としたフレンチシックな店内。

シェフの細やかな味付けセンスが存分に感じられます。

また絶対来たいっ!!!

本当にお勧めなのでぜひ。

あじさいの名所。成就院へ。

2,3株咲いてはいましたが、まだまだかな。。。

由比ガ浜海岸は、台風の影響でちょっとうねってる。

江ノ電に乗り、江ノ島へ。海岸でとんびにおびえながら遊びました。

古都鎌倉。とっても楽しかった~。

| | コメント (2)

紫陽花も衣更え。

紫陽花も衣更え。
道端の紫陽花がポコポコと目立ち始めたかと思えば、
だいぶ色付いてきました。
昨日は日傘を忘れたため、忍者のように?!陰を探しながら歩いたのですが、
陰が少なく、じりじりと日差しの強さを感じました。

すっかり初夏らしくなり、
夏の入道雲のこどものような雲も見かけました。

((o(^-^)o))わくわくする〜。
梅雨入りしたら拝めなくなるから、今のうちに拝んでおこっと。

| | コメント (2)

遅くなりましたが、舞台の感想をさらり と。

『ハンドダウン・キッチン』

作演 蓬莱隆太

PARCO劇場

中村トオルさんの声がこれまたトオル。(笑)

私はかなり前の席だったため、本当によく通る低い声でした。

そのためかな(゜ー゜;

役にとてもハマってらしたけど、

終始、やや威圧感があったかな。

いや、声で威圧を与えられるなんて、素晴らしい!と一言付け加えさせてください。

お話的に、喜劇ではなかったので、舞台が少〜しだけ重く感じました。

YOUさんのキャラも封印。

スパイスを利かせる人が一人いたら良かったのかな、なんて思ってみたり。

| | コメント (1)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »