« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年の桜。

固く固く結んでいた蕾も、やっと東京で開花した知らせを聞きました。
長い、厳しい、寒い冬も、花咲くチカラには敵うまい。
サクラ前線の北上を願わずにはいられません。

北へ。北へ。

花を咲かせるその生命力で、東北を、日本中を勇気付けておくれ。

| | コメント (1)

『南へ』

NODA・MAP最新作

作・演出・出演: 野田秀樹

場所: 池袋芸術劇場 中ホール

震災以来、大好きな映画館も、美術館も、劇場も

長時間、密閉された建物の中に大勢でいるのが怖くなってしまっていたが・・・

そんな思いも、吹き飛んだ記事を読んだ。

以下、抜粋。

「劇場の灯を消してはいけない」
~この東北関東大震災の事態に上演続行を決定した理由〜

劇場の安全確認の点検を含めて、四日間、劇場の灯を消しました。その間とても居心地の悪く暮らしました。

日頃 「蝋燭一本があれば、どんな時でもやれる。それが演劇だ」と言っていたからです。

現実にはその蝋燭一本も危険だと思いこみ、自分の首をしめるような自主規制下におかれている気がします。何に煽られているのかは知りませんが、とにかく煽られています。無論たくさんの危険がまだ存在していることは分かります。その存在する危険の前で私たちは無力です。

だが、今現在、東京は、罹災地と罹災した人々をこれから粘り強く支援をしなければならない立場のはずです。にも拘らず、連日の過剰なマスコミの報道に煽られたかのように、コンビニの食料品を買い漁り始めたりもしています。私も例外ではありません。水を買いに行きました。スーパーの棚に殆ど、ものがありませんでした。わたしは、買い漁った人々を責めようとは思いません。

人間とはそういうものです。こういう時に、

「ココロ」を忘れてしまう。

が同時に、人間には、その忘れた「ココロ」を取り戻そうとする「ココロ」もあります。

この自分の首をしめる自主規制のような事態は、のちのちの社会や文化に窮屈で不自由な爪痕を残します。つまり

「こういう事態が起こっている時に、音楽や美術や演劇などをやり続けるなどもっての外だ!」

という考えが蔓延することです。そういう強弁を発する人は、いつも守られたところにいます。
だが、音楽や美術や演劇が不自由になった時代がどれだけ人間にとって不幸な時代であったか、それは誰もが知っていることです。

私は何も、劇場にだけ電気を使わせろと言っているのではありません。ただ、

劇場で守る「ココロ」というのは、人間の営みに欠かせないものであると申し上げたい。

日常の営みを消してはならないように、劇場の灯も消してはいけない。

そう思うのです。劇場の灯が消える時は、「ココロ」の灯が消える時です。ただ生きるために「ココロ」を忘れて、今最も苦しんでいる被災者のことも忘れて、モノを買い漁る日が来る時です。私は、そう信じて演劇をやっている人間です。
だから一日でも早く、劇場に灯を取り戻したく思い、本日の上演に踏み切りました。

                                          野田 秀樹

劇場へ。

劇場へ行かなくては!

私は、すぐさまチケットを握り締めて、劇場へ走った。

これは何の偶然だろう。お話は、火山噴火と地震の話しだった。

火山は噴火するか!?

嘘か真か?!

うわさに振り回されるマスコミや民衆たち。

顔も知らない、天皇という存在に命を懸ける青年。

時代を越え、戦争に赴く兵士たち。

時代を飛び越えて、戦争や、神、日本について投げかけてきた舞台だった。

蒼井優ちゃんはじめ、とにかく、エネルギッシュな役者人たち。

舞台中を駆け巡り、身体を使い、喉を使い、声の限りにせりふが飛び交う。

休む暇なく繰り広げられる演出だった。

すばらしかった。

自分たちにできることはなんだろう?

今、日本中の人が考え、そして、無力さに手をこまぬいている人が大勢いる。

無駄な電気を使わない。

日常何気なく使っていた電気を、無駄だと気づいただけでもいい。

 

劇場の電気を、映画の電気、美術館の電気

早く安全に灯るよう、みなで戦っていきたい。

| | コメント (1)

平和ボケ。

平和ボケ。
ぼけ。

花言葉:平凡

意味:ごくふつうで、特にすぐれたところ、変わったところがないこと。

人それぞれ、平凡の価値観は違うけれど…

今ほど、

『平凡』
が、身に染みる時はないかもしれない。

『天変地異』

が、日本の半分で起きてしまった。

それは科学の力でも、愛の力でも、防ぐ事はできない

自然の猛威に、ただただ立ち尽くすばかりで・・・。

また、風評に惑わされ、自分で自分の首を絞める行動をとってしまう。

“節電中です。ご迷惑をおかけします”

の張り紙。

いいえ、迷惑なんて思わないです。協力します。

おかげで、東京の夜空は

星と月が

至極、美しい。

| | コメント (1)

ムーンライト

ムーンライト

ぼんやり月を見てます。

今夜は、お月さまにスーパーがつく日。

“スーパームーン”

月が地球に近寄ってくる日。

地球上では、大地震、戦争、異常気象、と、色んなことが起こっているけど・・・

永く、地球を衛星しているお月様も、予想し得なかったことでしょうね。

満月には、とてつもないパワーがあるといいます。

どうか、

どうか、

暴走する原発から、多くの人を、海を、大地を、自然を 守ってください。

被災した方々の勇気になってください。

ココロある救助の輪に、チカラを貸してください。

| | コメント (2)

ハクモクレン

ハクモクレン
3月も下旬になるのに、東北では厳し過ぎる日が続いています。
温かな春よ、早く来てくれ!
あの日から1週間と1日。

近くの公園で、白木蓮のつぼみを見つけました。
つぼみに元気をもらいました!
こんなに寒いのに、咲きはじめた花。

津波にのまれても、しっかり根を張って流されなかった小学校の桜の木。

わたしに今できること、将来できること、なんであれ、
日本の根っこの1本になりたい。
そう思いました。

| | コメント (1)

書いては消し、消しては書いてを繰り返し・・・

正直、何を、どう書いていいのか、わからない。

暴走する原発、

各地で続く余震、

被災地の現状、

交通機関の困難、

店舗の品薄状態。

節電。

政府をはじめ、東電の方々、自衛隊員、自治体、被災地の方々、支援部隊、ほか・・・

震災に関わる全ての方、節電に協力している方々、

日本中でがんばろう。

この言葉しか今は思いつかない。

絶対に、下を向くことなく前を向いて、生き抜こう。

被災地の方を思うと、がんばろうなんて言葉では足りないと思う。

それでも、どうか がんばってください。

| | コメント (1)

東北地方太平洋沖地震。

余震が続きます。
みなさま、ご無事でしょうか?
私は幸い元気でおります。地震中は机の下に潜りこみ、恐怖で名古屋の姉に電話かけていました。
時間差で、名古屋にも揺れが伝わり、二人で実況中継しながらの長い時間でした。

テレビから流れる、被災地の壊滅的な映像、福島原発の不安、深刻な被災状況、本当に、本当に心が痛んでやみません。

私には想像もつかない程の恐怖だったと思うと、言葉になりません。

被災地の方々に思いをはせるばかりで、
何にもできずにおります。
何かできることがあれば、私なりに支援したいです。

自衛隊10万人災害派遣の増員。

海外から続々と救援部隊到着。

地震という脅威に立ち向かうには、やはり人間のチカラが必要なんだと感じます。

電気不足なら、電気のあるところから使ってください。

ガスが不足なら、どうかそちらにあててください。

微力ながら協力していきたいです。

| | コメント (1)

トマトにお砂糖。

トマトにお砂糖。
赤坂の中華屋さんへ行った。
冷やしトマトを注文したら出てきたもの。

トマトと上にかかる白い粉。

目を疑い二度見。みんな固まってた。
コレなんですか?

愛想のいい中国の店員さんは
サトウデス。(^^)ニコ

ガ((((゜д゜;))))〜 ン!

中国では、トマトに砂糖をかけるらしい。

フルーツだと思えば…。
イケなくもなくもないが。

| | コメント (1)

リーゼント参上!

昨日は、一日撮影でした。

ポイントは、アイメイクとヌーディなリップ。

おしゃれもそうだけど、メイクも足し算、引き算が大切なんだって。

| | コメント (2)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »