« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

只今暖房中。

只今暖房中。

昨日からの冷え込みと、木枯らしは、予想していたにもかかわらず、かなり身体に応えます。

トレンチコートにストールにブーツに、ヒートタイプのインナーに。

あぁ、手袋も持参すればよかった。。。

寒さは大の苦手。

夏の暑さは耐え切れても、

初冬の空気に早くも逃げ腰。

夏の借りを返すように、今年の冬は寒い。

ですから、対策を練らねば。うーむ。

明日はもっと冷える。

風邪に注意しよ~。

と、ホットワインをペロリ。

| | コメント (3)

猫い奴。

猫い奴。

尾っぽは長い方が好き

丁寧に揃えた前足が好き

狭い狭い額が好き

気まぐれな態度に

イチコロです。

| | コメント (2)

ここから。

ここから。
大学のお友達のおうちに遊びに行ってきた。

新米ママだが、素晴らしいママっぷりだった。

そして、
教育TVは面白い。
たまにシュールな笑いが盛り込まれており、大人でも焦る。

もみじの様に小さな手が、なんだかくすぐったく、抱いた小さな命を前に、母性本能というものがうずいた。
安心した。

もう少ししたら、りなお姉さんって呼んでもらおう。そうしよう。

| | コメント (4)

THE・ASAKUSA

 少し汗ばむ、秋晴れの日、浅草へ行ってきました。

浅草寺さん始め、悠々と流れる隅田川や、江戸っ子人から、ものすごいパワーと、いい気 が流れるこの街はシーズン毎に来ているお気に入りの場所です。
浅草寺さんにお参り。

そして腹ごしらえ。

「翁そば」

看板メニューのカレー南蛮そばを注文!

見よっ
この照り具合い!

程よくダシのきいたカレーの下には、平たい太麺のおそばがぎっちり。大盛り頼んでませんが、どんぶりからこぼれそうっ!
麺はうどんに近いおそば。
お店の人も、味も、値段も本当に美味しかったです。

浅草ROX付近の一角にひっそりあります。

隅田川のアサヒビール本社の向こうに見えるのが、建設中の東京スカイツリー。
もっと近くで見たい って事で、スカイツリー目指して、テクテク。

で、このくらい。
周りにはカメラを持った見物客がたくさんいました。
あと170Mで完成するらしい。

今日の高さはもう二度と見ることができないのか、と思うと貴重な眺め。

事故など注意して頑張って建設していただきたいです。

再び浅草へ戻りぶらぶらfoot

バッティングセンターでダルビッシュ相手にバッティングしてみたり、着物を見たり。

そして、甘味処へ。
「純喫茶マウンテン」

ネーミングからして粋でしょ?happy02 店内は昭和レトロな雰囲気で、かなり渋い。

元気なおばちゃんたちが午後の社交場のごとく、わいわいしていれば、

杖をついて珈琲一杯を飲んでるおじいいちゃんなど・・・

そして私は、

クリームあんみつを注文!!!

美味しい。こしあんが濃厚で絶品!

いつからだろう、あんこがこんなに好きになってるぞ。

| | コメント (6)

史上最大のフェニックス大作戦!

地球の裏側で、チリの鉱山救助が始まりました。

命のカプセル、直径約50cm。
地上への時間、約20分。
その暗さ、映画館並み。
一人。

大人でも怖いはず。想像できない。
でも
ガンバレ、ガンバレ!

| | コメント (4)

好きなものはなんですか?

先日、滋賀県甲賀市信楽へ行ってきました。

目的はこちら。

MIHO MUSEUM”

ルーヴル美術館の「ガラスのピラミッド」、ワシントンのナショナル・ギャラリー東館を手がけた、世界的有名な建築家イオ・ミン・ペイが設計したMIHO MUSEUM

建物の約80%が地中に埋設され、自然、建物、見術品の調和をテーマに設計された斬新で素晴らしい美術館です。国内の私立美術館の中でも有数のコレクションを所蔵し、日本のみならず海外での評価も高いそうです。

行かないわけにはいかない!!!

いざ!

桃源郷への道。

ミュージアムへは、この道を進んで行きます。

春に咲き誇るだろう、枝垂れ桜並木を歩いていきます。ちなみにミニバスもあります。

すると・・・

今まで見たこともないようなトンネル。勝手に命名サイバートンネル!

まるで、近未来への入口かのようなメタリックなトンネルに度肝を抜かれました。

長いサイバートンネルを抜けると、頭上には放射状にかかるつり橋のロープ。

もう何が何だか。

近未来のお次は、茅葺き屋根を連想させる日本家屋に似た建物。

丸、三角、四角、ひし形、線。図型の美しさが際立つ建物。

その入口で姉と。

いよいよミュージアムへ。期待とテンション上がりまくりの植木姉妹。

入口の奥には、山の眺めが絵のように広がっているんですよ~。

コレクションも重要文化財など多く、美しくて、品のあるものばかり。

素人目からみてもMIHOさんのセンスの良さというか、目の肥えた人だったんだろうなぁと思います。

加えて、

この美術館を建てた、小山美秀子さんの言葉やエピソードにも、感動、共感し、心が浄化していく音が聞こえてきそうでした。

「美しいものをみてもらいたい。そして、幸せになってもらいたい」という MIHOsスピリットに感動しっぱなしの姉妹。

館内のカフェにて。

ガラスのピラミッドの下でいただきました。

本当に素晴らしい桃源郷でした。特別展開催中のため、すべてのコレクションが見れたわけではなかったので、是非またの機会にしたいな。

続きを読む "好きなものはなんですか?"

| | コメント (8)

美味しいモン。

美味しいモン。
モンブランカップ&マンゴームース
美味しいものは
幸せな時間と
笑顔をくれます。

大切な人と美味しい時間を分け合うのもまた嬉しい。

このモンブランカップはかなり美味いっ!
マカロンの上にふわっふわの生クリームとモンブランクリームが絞られています。クッキーと栗が乗ってます。
名古屋に行くと、必ず立ち寄るケーキ屋さんシェシバタ。店内はいつも混み合ってます。

濃いめのコーヒーが良く合うこと♪

モンブラン杯の審査員になりたいなぁ。なんて淡い夢を抱きながら。

| | コメント (4)

あいらぶ四季。

あいらぶ四季。

どこからともなく‘キンモクセイ’の香りが風に運ばれてきたり
‘くりきんとん’商品がウィンドウを賑わせていたり、
五感で感じる秋を堪能しています。

昨日は、秋刀魚にかぼすをきかせたものと、きのこおこわと、巨峰と、モンブランを食べました。
「秋渇き中」
秋渇きとは、暑い夏が過ぎ、過ごしやすい気候で食欲が増すことの意味。

…だから、朝の散歩はかかせないのであります!
早朝は、天高く、空気がひんやり、気持ち良く、爽快な気分です。

って…夜も散歩しなきゃかな…(;^_^A

| | コメント (2)

三重の楽しみが味わえる場所。

三重県!
食べて、眺めて、感じて。

今日は三重県に来ています。
まず、松坂市へ!
松阪と言えば!
松坂牛でしょう。
そのすき焼きを食べに来ました。

「松阪 海津」さん。
三重の楽しみが味わえる場所。

鯉が悠々と泳ぐ池のあるお庭の見える個室に通されました。

特上すきやきを注文!

お店の方が焼いてくれるという贅沢。

普通、すき焼きって聞くと、お野菜や、お豆腐、白滝など、お肉と一緒に甘味のあるつゆといただく。
けれど、ここは違うのです。

三重の楽しみが味わえる場所。見よっ!この霜降りっぷり。

お肉に砂糖を乗せて、お醤油をかけてサッと焼く。

はい、いただきますっ。

三重の楽しみが味わえる場所。

火があまり通っていないので、肉厚なお肉も、ぷりんっlovelyと微力で噛み切れるやわらかさ。

オウマイゴッドネス!!!

神様ありがとう。

美味しいです!

赤出汁も美味しいなぁ。

三重の楽しみが味わえる場所。

バックは伊勢湾だよーーーーん。海風、日差し、まだまだ強し!

| | コメント (6)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »