« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

ありがとうW杯。

日本チームの絆にとても感動しました。

中学時代の剣道部を思い出しました。

負けたことより、もうこのメンバーで戦うことはないのかという寂しさ。

すごくよくわかる。

チームがひとつになると、物凄いパワーが生まれる。

この希薄化しつつある世の中に、希望と夢を与えてくれました。

最高のW杯をありがとう。

| | コメント (1)

『闇の列車、光の旅』

ガンバレニッポン!soccer

ワールドカップの話題で持ち切りな毎日ですね。

観戦のための寝不足と、この暑さと湿気で、なんだか身体の調子が芳しくない日々です。

さて最近、色んなTV番組で「この国はどんな国?」なんて世界の各国の特集が組まれ、その国の歴史や文化を知ることが出来ます。世界に目を向けることで、日本の良さ、世界の良さを知ることが出来ます。

そんな中、気になる映画を見に行ってきました。

movie 『闇の列車、光の旅』

サンダンス映画祭、監督賞・撮影監督賞受賞作。

日系アメリカ人、キャリー・ジョージ・フクナガ監督の長編第1作

これは、不法移民の現実を直視した作品。

これは、ホンジュラス出身の移民の少女と、ギャングに命を追われるメキシコ人青年が、命懸けの危険な旅を乗り越えて、未来を掴もうとする姿を、中南米の衝撃的な“今“をリアルに切り取った感動のロード・ムービー。

地球の裏側ではこんなことが、日常茶飯事に起きているのかと思うと、愕然となりました。

移民の話や、貧困問題は、メディア等で知ってはいても、やはり平和な日本に住んでいると、地球のどこかで起きていること。身近に感じられないでいました。

生きる=命懸け

映画では、十代の男の子が銃を持っています。命を守るために。忠誠を尽くす為に。

袋ひとつで自国を出て、アメリカを目指します、多くの移民たちが列車の上に乗って。

衝撃的だけど、これがリアルな真実でした。

圧倒されました。現実と映像に。

監督撮影賞を受賞しただけに、とても印象的な絵がたくさんありました。

序盤の紅葉の壁紙の映像と、汽車が到着するシーンと、汽車から眺める雄大な大陸。

主人公たちの置かれている辛い運命とは対照的で、優しく大きく広がる自然界の映像。

そのギャップがものすごく心に沁みました。

pen

南米はサッカーが強いです。国によって、地域によっては、貧困で苦しむ人々の唯一の希望がサッカーだと聞きます。 豊かな国に生まれた私たちは、きっともっと世界を知る必要があって、今ある幸せと平和に感謝しつつ、一生懸命生きていかなきゃいけないと思いました。

| | コメント (2)

決勝Tを決めた瞬間の朝焼け。

決勝Tを決めた瞬間の朝焼け。
いやぁ!オメデタイ朝!
終始興奮してましたデンマーク戦!
わたしは仮眠をとってのテレビ観戦。
最初眠かったけど、1点目のフリーキックで目が覚めました。

ありがとう日本サッカー!
決勝Tも応援します!

| | コメント (2)

夏至。

今日は夏至です。

夏至。ほんと、夕焼けがきれいだったぁ。

北半球にある我が日本は、一年中で一番昼間の時間が長い日となります。

マイケルの『history』のDVDを見ながら、衣更え というか、洋服の要るもの要らないものの仕分け作業をしました。これにはわけがあります。

昨夜見た、TVのドキュメンタリー番組の影響でした。

今まで、衣料リサイクルでは、綿素材は、リサイクルされることなくゴミとなっていたらしいのですが、
ある開発で、バイオエタノールに変換される技術が編み出されました。

あ、わたし着なくなった服たくさんある…。環境のためになるなら手伝いたい。そう思いまして、タンスを開け仕分け業務に。
厳しい審査をしましたよ。

無印良品では、もう着なくなった洋服は(無印に限る)、お店に持っていくと、引き取って、資源にかえるそうです。
1着だけだけど、小さいことなんだけど、みんながやれば大きな力になることを信じて。

大手デパート、他でも引き取ってくれるみたいです。 これが世の中に広まっていけばいいなぁ。

TBS夢の扉 NEXT DOORより

夏至。

アジサイも夕暮れ色。

| | コメント (1)

ぼやき。

朝から忘れ物をしたにもかからず、いいタイミングの電車に乗り込み、ポロっと空いた席に座る事ができた。
棚ぼた。ワ〜イ
晴れてもきたし。

そして今夜は、ついにオランダ戦。
いいプレー、いいゲームを期待したいなぁ(ハ。・∀・*)欲を言うと勝って欲しいなぁ
願を掛けて、今夜もタイカレーにしようか。(カメルーン戦で食べたのはレッドカレーで、緑のカメルーンカラーに勝てたから(笑))
今夜はグリーンカレーで、オランダオレンジに対抗するかぁ

なんて、下らないジンクスを作りながら。
いってきま〜す。

| | コメント (1)

アジサイブルー

アジサイブルー
お部屋の温度計が30度を指しています。
さきほどから、ポツポツと雨が落ちてきました。
いよいよ夏空とも、しばらく会えないのかと思う淋しさと、これで真夏日から解放される、という安堵の気持ちが行き来しています。
私は基本的にクーラーが好きではありません。
車内とか、カフェとか、冷房が効き過ぎていて、いわゆるクーラー病になるからです。
ただ、あまりに暑くても頭痛がするし。
しばらく高原か、もしくは北海道に行きたい限りです。

| | コメント (1)

〓勝った〜っ!!!

ハラハラドキドキの90分。

ありがとう!日本!

| | コメント (2)


今日はあるCMの撮影がありました。

私はOL役。

撮影は終始和やかなムードで、スタッフさん、キャストの方々のおかげで、楽しい撮影ができました。

そして、なんとなんと!
本日のカメラマンさんが『ウルルン滞在記』で一緒にお仕事した方でした〜!!!
数年ぶりの再会に、キャアキャア言ってしまいました。
なんだか、感動的で、とても懐かしかったです。
こんなところで再会できるなんて。

また現場で会えることを願って。

画像は本日のおべんとう。

| | コメント (2)

梅雨と紫陽花と地球。

まだまだ来ないそうですなぁ。迂闊に喜んでもいられないよなぁ。
地球温暖化だとか、自然界に異常気象があると、とても気にかかります。

昨日新聞で、
口てい疫によって、感染した子豚を殺して、それを並べた畜舎の写真が記載されていました。

・・・

感染とワクチン接種で殺処分となった家畜は6日の時点で27万2千頭を超え、すでに15万頭の処分が終わった。

『守ってやれんかった。ごめんね。』

生まれたばかりの子豚が、血の泡を吐いて次々と死んでいく。いずれ殺処分となる親と遺書に埋めてやろうと、冷凍保存した。

ひづめに水泡ができて立てない豚には、のどを少しでも潤そうと、スポーツ飲料を飲ませた。

殺処分される当日。

家族全員で最後の世話をした。農家が泣いては処分する獣医師の手が鈍ると、好物のトウモロコシも一緒に埋めてと農場から離れた。

『人間のために命をくれて、ありがとう』と感謝し、出荷する。だからこそ、肉になれず死なせるのがつらい。

養豚農家の方は、この悲惨さを忘れまいと、レンズを向けた。
(朝日新聞より抜粋)

あまりにもつらい記事と写真と現実。

食べても人に害はないって言います…。
はい、なら食べましょう。ってわけにはいかないんだろうけど。

自分が明日生き抜くことだけを考えている。

地球の片隅では強奪が起きてる。

今日も子牛や子豚が殺されている。

もし神様がいるとしたら、いつかしっぺ返しが来ますね。

無力な私は何をしたらいいんだろう。

| | コメント (1)

『恋女房達』

『恋女房達』

小竹向原を降りて、うちっぱなしのゴルフ場を抜けた住宅地にひっそりあるアトリエ春風舎にて。
こんな所に劇場がっ!?ってくらい突然あります。

青年団リンク、青☆組
の『恋女房達』を見てきました。

私は、女流作家ならではの女の視点から描かれる世界と、無駄のない細やかな演出が好きなんだけど。
今回の青☆組は
『女房』
から連想された短編6話からなる、100分間でした。

恋女房になれる様ステキな女性になりたいなぁ。( ^ω^)

面白いものを見た後は、お腹がいっぱいで、幸せになります。
芝居でも、映画でも、音楽でも、お料理でも。
愛情と手間隙かけて作ったものは、必ず伝わるものですね。
ご馳走様でした。

明日の8日が千秋楽です。キャンセル待ちだそうです。

『恋女房達』

小竹向原にはカフェが見当たらない!と思っていたらケーキ屋さんがありました。
観劇前に、仏菓子屋‘シュルプリース’さんへ。
グランドピアノを前に、シュ−クリームとコーヒーをいただきました。

| | コメント (1)

都会の真ん中で

都会の真ん中で
テラスで一人サンドイッチを食べてます。

襟足を吹き抜ける爽やかな風が気持ちいいです。

スズメにパンのかけらをあげました。
パン取り合戦が((((゜д゜;))))

これこそ鳥合い!
なんてくだらない事を考えていたら、たくさん集まってきてしもた。

| | コメント (1)

『モジョ ミキボー』

『モジョ ミキボー』
脚本・オーウェン マカファーティ

演出・鵜山 仁
出演・浅野 雅博 、石橋徹郎
下北沢OFF・OFFシアターにて。
なんとなんと!17役を2人で演じ分けた浅野アニキと石橋さん。平均して一人8役、9役。
面白かった〜。

二人とも持ってるなぁ(+_+)

芸達者。
なんて役者に言ったら怒られちゃうかな・・・

汗だくになりながら、80分間魅せまくってくれました。
芝居してるんだけど、二人で悪ふざけしてるみたいな感じ。
これこそ、ライブ。演劇。
不可能なことはきっとない。

一ヶ月公演お疲れ様でした。

| | コメント (1)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »