« 秋晴れ! | トップページ | がんばれ!なみすけ。 »

ゴ−ギャン展

ゴ−ギャン展


へ行ってきました。

絵画への情熱が抑えがたく高まり、ついに34才にして芸術家として生きる決意を固めたゴ−ギャン。
“遅れてきた画家”の孤独な放浪が始まります。

遅れてきた画家。って言葉にビクッとした私ですが、タヒチに渡ってから描かれた絵は、力強さ、野生的な生命、が感じられました。特に彼の作る赤い色、好きだなぁ。

『我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか』

男と女。生と死。文明と野蛮。人間の根源を探求しています。

まさに今、私は、どこに向かおうか模索中。

遠くを見過ぎて、最初の一歩が出せない。

足元を見過ぎて、向かう先が分からない。

迷ったら戻る。迷ったら戻る。

頭で考えたってどうにもならない。

そんなときはやってみる。

『私ははどこから来たのか 私は何者か 私はどこへ行くのか』

忙しくなります。

ゴ−ギャン展

見終わって、皇居の周りを散歩しました。軽く汗ばんだ後の風が、ひんやりと気持ちいい。いい季節になりました。

↑お堀に沈む夕日。

|

« 秋晴れ! | トップページ | がんばれ!なみすけ。 »

コメント

沈む夕日に、手を合わせて「ありがとう」と祈った小さい頃のあ・た・し♪(^_-)☆

投稿: クレパト。 | 2009年9月15日 (火) 15:28

私も見に行った!!ゴーギャン。
ほんと、我々どこへ向かうのか、という感じだよね。
りなっちブログに共感☆
今日も足元みて頑張ろうぜいぃ(笑)
またゆっくりお茶もしよー

なみすけの町で☆

投稿: まゆこ | 2009年9月18日 (金) 15:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋晴れ! | トップページ | がんばれ!なみすけ。 »