« 『宝塚BOYS』 | トップページ | 8月23日の告知。 »

『ルドンの黙示』

夏の終わり、観劇ラッシュが続いております。

先ほど地震がありました。

この前、一人でセリフ覚えてたらユラユラきて本当にびっくりしました。

個室にいたもので。

セリフ覚えてるときに地震が多いです。

WHY?

『ルドンの黙示』

8月22日〔金〕開演14:00

新国立劇場 小劇場 THE PIT

作・演出:松枝佳紀

出演:柳浩太郎, 篠田光亮, 満島ひかり 木田友和

pen

『宝塚BOYS』に続き、またしても 戦争が提示された作品。

“戦争と狂気。そして世界”が、テーマになっていた。

この作品は、戦争に対しての批判でもなければ、もちろん肯定でもなく、

人間のリアル、人間の無意識に潜在する感情を書いている。

戦争に悪者はいない。

なぜなら、みんな、家族を、自国の地を、大切な人を、幸せにしたいから。ただそれだけ。

そんな純粋な思いと、思いがぶつかって、摩擦が起きる。それが戦争になる。

愛する人を殺されたから、仇討ちのために殺し返す。その仕返しにまた殺す。

負の連鎖はとどまることを知らない。

だから奇跡を待つしかない。

作品のラストはこの舞台の続編を期待させる演出でした。

殺陣とか、映像とか、舞台美術とか面白かった。

お琴と、鈴と生の歌声が、良い世界観を作っていました。

今月24日〔日〕までです。が売り切れゴメン!!!だそうです。

お友達の木田友和さん。も大活躍していました。

一緒に写真撮ったのにブレテタ~weep

最近携帯がおかしい。電池膨れたり、固まったり、ボタン押しても反応しなかったり。

|

« 『宝塚BOYS』 | トップページ | 8月23日の告知。 »

コメント

『ルドンの黙示』御来場いただき誠にありがとうございましたm(__)m
そして、blogに載せていただき誠にありがとうございます!!

りなっちバンザイ!!

投稿: キダデンキ | 2008年8月26日 (火) 18:54

★キダデンキさま★

お疲れ様でしたぁ。
最初から、世界観に引き込まれてましたぁ。
ちょっと、石田衣良ワールドを連想しました。
答えやオチを出さないラストにも、納得。
本当にいい感激観劇TIMEでしたよぅ!

お疲れ様でした・
あ、コメントありがとう。

投稿: りなっち | 2008年8月29日 (金) 09:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『宝塚BOYS』 | トップページ | 8月23日の告知。 »