« 大都会のアクアリウム | トップページ | 『ルドンの黙示』 »

『宝塚BOYS』

8月21日〔水〕

『宝塚BOYS』〔東宝芸能〕

シアタークリエ

開演 18:30~21:30

出演:葛山信吾・吉野圭吾・柳家花緑・山内圭哉・瀬川亮・森本亮治・猪野学・初風諄・山路和弘

お話: 

舞台は昭和20年秋。第二次世界大戦が終わったばかりの激動の日本。

ある一通の手紙によって、宝塚歌劇団 “男子部” 

が誕生する。募集して集められたのは、電気屋、ダンサー、オーケストラ部員など、個性豊かな7人。 それぞれが華やかな舞台を夢見てレッスンに励むが、男子部結成による嫌がらせなど、いろいろな障害が立ちはだかる。

pencil

2008年。戦後63年。

戦争と夢。

↑コレが隣り合わせではない現在。

個性が尊重される時代。

夢を追い求めても許される現代。

戦争に負けたことによって、心に抱えているものを吐き出そうと懸命に頑張る男子部にとても心打たれました。

そして、

夢を追いかけるのが、当たり前に許される環境に感謝です。

本物の宝塚劇場のオトナリで

shine宝塚レビューshine

キラキラ階段。ミラーボール。シルクハットにステッキに羽。ほか。〔笑〕

9割女性の観客席も大いに沸きました!

マジメに踊ってる〔ごめんなさい、当たり前か〕

dramaヅカファン的には、

男性が、羽付けて、階段降りてくる。

それがまたすごく違った見え方で面白かったと思いました。

もしも、今も男子部があったら、今の宝塚はどうなっていたでしょうか。。。

今月31日までです。

そして、観劇後はおたのしみのheart02

銀座にあるインド料理屋“グルガオン”へ連れてってもらいました。

グルガオンチキンスペシャルカレーと、ナン!

美味しい。美味しい。美味しいよぉcrying

内装は、オシャレで、あったかい雰囲気。ちょっとした鉄の何かが埋め込まれた土壁に、木のぬくもりが感じられるテーブル。

次回はランチタイムに行ってみよっと。

ダンニャワード!

|

« 大都会のアクアリウム | トップページ | 『ルドンの黙示』 »

コメント

あの宝塚に、男子部があったら・・・って
いうお話しかと思ってたら、ホントに存在
してたっていうのには驚いたね。
いやー面白かった。踊りができない役を演じてる
皆さんが笑わせてくれました!

グルガオン、気に入ってもらえて嬉しいな。
リーズナブルなランチに是非行ってみて。
オススメは金曜日!(甘口のエビカレーは
金曜しかないらしいので。)

投稿: いちご | 2008年8月24日 (日) 17:14

★いちご様★

踊ってたね。みなさん!
レビューが最高だった。
ロスコが炊かれて、ちょっと、昔の歌番組的なレトロさが漂ってたし。
あ、昔のお話かcoldsweats01
じゃぁそれでいいのか。
また美味しいとこへ連れてってくだされ。

投稿: りなっち | 2008年8月29日 (金) 09:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大都会のアクアリウム | トップページ | 『ルドンの黙示』 »