« コ−ルドスト−ン | トップページ | 『ガラスの仮面』 »

アヴァンギャルド。

先日『ロシア・アヴァンギャルド』展

渋谷Bunkamuraミュージアムまで行ってきました。

ん?

アヴァンギャルドってなんだ?

調べてみると

avant-garde:フランス語の和訳。

本来は軍事用語で「最前線」の意。現状に対して変革を志向し、時代の先端に立とうとするような立場・姿勢のこと。

ここでは「前衛美術」

フォーヴィスム:野獣派〔感覚を重視し、色彩はデッサンや構図に従属するものではなく、芸術家の主観的な感覚を表現。原色を多用した強烈な色彩と、激しいタッチのもの〕

キュビスム〔いろいろな角度から見た物の形を一つの画面に収め〕、

未来派〔過去の芸術の徹底破壊と、機械化によって実現された近代社会の速さを称えるもの〕

これらを含めて、こうと呼ばれることが多い。ただ軍事用語を援用したことからもわかるとおり、政治的ニュアンスを含んだ言葉である。

今の時代、政治と芸術の関係性って遠いものだ、なんて思うけど、昔は大いに関係していたのですね。

芸術革命をおこして、社会を変えていこうとする。

現代は、良いもの、悪いもの。新しいもの、古いもの。ありなもの、なしなもの。隙間産業といいますか、なんでもあり、やったもん勝ちの世界。受け手側が、好きか、嫌いか。で決められる自由な世界です。

アヴァンギャルドな先人らのアヴァンギャルドな芸術活動があっての、今なのかもしれません。

作品一つ一つに鮮烈なパワーを感じました。

美術でも、芝居でも、力のある作品を見るのは大好きです。そのときの想いを感じられるから。

ありがとう、ロシアン。good

|

« コ−ルドスト−ン | トップページ | 『ガラスの仮面』 »

コメント

ロシア。ロシア文字(アルファベット)とゴルバチョフさんしか知らないです。。。

「世界ウルルン滞在記2008」が9月末で終了することに(TBS-CBC系、毎日放送制作)。
昨今の視聴率低迷を受けた形とか、りなっちぃは「ウルルン」に出演したことはありますか?fuji

投稿: クレパト。 | 2008年8月18日 (月) 19:07

★クレパト。さま★

ウルルン終わってしまいますね。

懐かしいなぁ。
チベット。
はい、行きましたよウルルン。
紅塩を作りにゆきました。
お礼にバレエ踊りました。
再会行きたかった。
でも、絶対会いに行く!

投稿: りなっち | 2008年8月22日 (金) 20:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コ−ルドスト−ン | トップページ | 『ガラスの仮面』 »