« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

キレイなお姉さん

は好きですか?

仲良しのさとさん。

『ウーマン・イン・ホワイト』を一緒に見に行きました。

その前にお茶をしてるとこ。

さてこの女性、何を包んでいるかというと・・・

写真詩集2冊。

なんとさとさんからBDプレゼントをいただきました♪

とっても美しい景色と、心に沁みるコトバと、さとさんの優しさがいっぱい詰まった詩集たち。今のわたしにぴったり。大切にしたいと思います。ありがとう。

(*>ω<)★☆Яina'U★☆

| | コメント (4)

秋の芸術DAY?

『ナツひとり』新橋演舞場

ダンスレッスン 

『THE・バース』中野ウエストエンドST

舞台を2本とダンスレッスンしてきました~

とにかくお風呂に入らねば・・・。ZZZZZネム。。。

詳細はまた明日。

| | コメント (5)

『僕と彼と娘のいる場所』

『僕と彼と娘のいる場所』

『僕と彼と娘のいる場所』

紀伊國屋ホ−ル 14:00開演

作・演出:鄭 義信 (『血と骨』)

出演:石丸謙二郎 、須藤理彩、和田聰宏 

物語り:

地方都市。夏の終わり。

間もなく閉館予定の古い映画館「新生劇場」が、繁華街のはずれに建っている。劇場主・誠二(石丸謙二郎)のもとには、男勝りの娘・夏海(須藤理彩)が、亭主・悟(和田聰宏)の浮気に愛想を尽かせて戻ってきていた。

夏海は地方の平穏な流れの中で、しばし心身を休めるつもりだったが、悟が夏海を追いかけて、遠方から迎えにやってきて、3人の生活が始まるが……。

*   *   *   *   *

私事だけど、迂闊にも風邪をひいた。鼻声が治らなくて、そしたら夜になると微熱が続いた。急に寒くなったから、身体がついていかなかったのかしら??? みなさまも、気をつけてくださいね。

ちなみに、紀伊國屋ホールは新宿東口の紀伊國屋書店の4F。りなっちが間違えて向かったのは、新宿新南口のタカシマヤ近くの紀伊國屋書店8Fにある、サザンシアター。若干似てるから気をつけてください。

さ、観想ね。

石丸さんの声にやられました。

というのは、あの『世界の車窓から』のナレーターを務める方だから。車窓ファンのりなっちなので、今日は芝居を見ながら、世界各国の映像が浮かびまくりでした(笑) ステキなお声です。

ペンギンの着ぐるみ着て踊ったり、おかまドレス着て歌ったり、かなり愉快です。

そして後半の一人長台詞のシーン(娘の子供がいじめを苦に自殺をした事は、自分のせいだと、自分を責め続けていた)では、かなり魅せてます。振り絞るように出す声と、渾身の演技で、思わず涙がこぼれてしまいました。

とっても素晴らしかったです。

そして、招待していただいてありがとう。

| | コメント (4)

Sora

Sora
高ぇやぁ。
(*>ω<)★☆Яina'U★☆

| | コメント (3)

11・15

11月15日。じつはりなっちのお誕生日なのでした。

そんな昨日は、仲良しのみぃちゃんが一緒でした。客室乗務員のみぃこ。学生時代からの親友で、ヨーロッパ中を列車で駆け巡ったパッカー仲間。

←M&R。(総称:エマール(エムアールより変形)) 骨董通りのAtoZカフェより。

ご飯を食べ終わった後、トイレに行けと追いやられ・・・?

席に着いてしばらくすること数分。

賛美歌を思わせる壮大なバースデーソングが♪

店内の照明が消されて、デザートプレートが運ばれてきました。一瞬誰かと思ったけど、私だったみたい。わぁい☆

おめでとう!

ありがとう!

ふぅぅううううううう。

いざ、ロウソクを吹き消した!

ポッ。

・・・。

あれ?火がまた点いた。

ふぅぅぅ。

またメラメラとロウソクに火が。

これを5,6回繰り返しまして、ドッキリかと思いきや、そうではないらしく、お店の人もなかなか消えないロウソクにびっくりしていた模様。

ま。しぶとく、粘り強く、燃える一年であれってことですね。

Cimg8374

Terrasse_visual_1もう一軒。こちらは、南青山にある「ピエール・ガニェール・ア・東京」の屋上カフェ&ワインバー「ラ・テラス」より。六本木ヒルズと東京タワーの夜景を楽しみながら。最高のロケーションだよね♪テラス席はいわゆるカップルシートになっていて、南国のプールサイドを思わせます。ちょうおススメ。

みぃちゃんLOVE。ありがとう。

産み、育ててくれた両親にも感謝です。ありがとう。

そして、応援してくれる方々や、お友達にも感謝です。ありがとう。

りなこ。

| | コメント (12)

B・S・B

じゃぁん♪ d(*・∀・)b

なんか気分が盛り上がっちゃって、Backstreet Boys2年4ヶ月ぶりのNEWアルバム『UNBREAKABLE』 買っちゃった。

最近は、音楽のチカラを借りて自分を励ましたり、癒したり、奮い立たせたり、部屋で踊ったり(笑)してます。

タイトルの『UNBREAKABLE』とは“こわれないもの”という意味。

メンバーのケヴィンが脱退し4人で再スタートしたBSB。

ケヴィンの脱退理由は”メンバーにいる限り達成できない夢を叶えるため”とのことで、他のメンバーはその夢を応援し、いつ帰ってきても歓迎するとのことです。

ケヴィンの夢が気になるとこ。

タイトルは深~い意味があるんだろうなぁ。頑張れBSB!沁みるサウンドをありがとう!

そんな新しいBSB。とろけるメロディで完璧にノックアウトです(/∇≦*)

| | コメント (4)

プラマイ思考。

今日、或る人に出逢って言われた言葉。

『思考は現実になる。』

プラスのことを考えてると、それに向かって行動するため、結果いいことが起こる。
マイナスのことを考えてると、そうなるようにしか行動しないから、よくない結果になる。

一瞬、ハッとした・・・。

わたしは・・・?

今の頭の中を占めている思考が、未来のわたしを作る。

また、今のわたしは、過去の自分の思考が作り出したもの。

それならば、プラスの思考をどんどん考えて、ぐんぐん育てて、膨らませて、自分にとって少しでもよいことをしたいな。

健やかで、HAPPYで、キラキラなわたしでいられるように。

| | コメント (2)

中山道中。

名古屋駅(メイ駅)から、JRで中津川まで。そちらからバスを乗り継ぐこと約2時間。
木曽路の渓谷を横目に山あいを快走し、進んでゆきます。

そして、中山道の宿場町、岐阜県Cimg8321 馬籠宿(まごめじゅく)へ。

江戸時代の宿場町の面影を残し、坂の町、馬籠出身の島崎藤村の記念館があることで知られています。
町の上から流れる水の勢いがよく、坂の勾配がきついことが伺えます。流れる音も心地よい~。
さてさて、腹ごしらえ♪こちらで栗おこわと信州そばのセットをいただきました。

再びバスに乗り、馬籠峠を越え、きつい急カ−ブの坂道で若干酔うこと…30分。
妻籠宿(つまごじゅく)へ。
馬籠に続いて、中山道42番目の宿場町。
山々に囲まれた風情ある町並みを歩くと、江戸時代の大名になった気分になれます。馬籠より、もっとモダンな感じ。羽虫がやけに大量発生してたけども…(´-ω-`;)
Cimg8334軒先には干し柿が吊してあったり、柿の実が熟れていたり、“日本昔ばなし”に登場しそうな、とても旧い町並みでした。

名産の栗きんとんをゲッツ!全て違う所のもの。

こ、これが栗キントン?

YES!栗きんとんというより、栗茶巾だよね。でも、生まれて初めてこんなに美味しい栗きんとんを食べました。ほっくり。ホッ栗。幸せな気分に。

帰りは、松本から出る、信濃ライナーに乗って帰りました。

味覚で、視覚で、聴覚で、嗅覚で、触覚で、

お江戸を感じれた道中でした!

| | コメント (2)

『どですか!』

『どですか!』
今朝は6:30に起きて(これでも寝坊…)
メ〜テレへ『どですか!』のオンエアを見学してきました。
姉・奈緒子のお天気コ−ナ−も見届けてきました。名古屋は朝夜雨、日中曇り時々日差し。ということですが…。当たるかな…

『どですか!』の出演者、スタッフのみなさんには‘植木妹’として、とてもよくしてもらい、ひょっこり遊びに行ってもスッと中に入れてくれる、あったきゃ〜人達ばかりだでぇ。そんな雰囲気が私は大好きで、名古屋に行くたびにメ〜テレに遊びに行ってしまいます。
みなさんいつもありがとうございます!
植木姉、妹
共々よろしくお願いします(>▽<)
ほんで、今日は岐阜県、木曽路馬籠、妻籠に来ています。(*>ω<)★☆Яina'U★☆

| | コメント (2)

『オセロ−』in愛知

とうとう名古屋まで観に来てしまった。
今回の旅の大目的。
いざ!ニナガワさん。蒼井優ちゃん。鋼太郎さん。洋さん。(*>ω<)★☆Яina'U★☆

| | コメント (1)

三重県!!!

三重県!!!
ただ今三重県は、なばなの里に来ました!ちょっと一人旅に来てます。
コスモスの群生を独り占めですわ(*>ω<)★☆Яina'U★☆

| | コメント (2)

Sadaharu AOKI

そうだ!ケ−キ食べ行こう。

秋めく11月2日、ちょっとこの前だけど、

大好きな、さとさんと、
‘パティスリ サダハル アオキ パリ’六本木ミッドタウン店にてお茶をしました♪

青木 定治さんは、元TBSアナウンサー雨宮塔子さんの旦那様です。

今朝ト−ク番組に出演されてたのでブログ更新を思い出したのである。というか、さとさんに教えてもらったのであ~る。

美味しそうなショ−ケ−スに鼻を押し付けんばかりに、ケ−キたちに釘づけになる女二人。もはや選べない…消去方で選択。

迷いに迷って…
りなっちは、秋の新作、マロンのなんちゃら。
さとっちはマロニエオショコラを。Sadaharu AOKI
土瓶で出てくるお紅茶でいただきました〜。

なんて、おいしいんだ!細やかな隠し味がたくさん入ってるんだろうなぁ。一筋縄ではいかない味わい。
マロンクリ−ムを支える土台はタルト。このタルトにベリ−系のフル−ツが入ってて、これがまたマロンとベストマッチ☆
忘れられないよ。
3時間くらいお話したかな。ガ−ルズト−クはエンドレスに続くのであった。

さとさんまた行こうね〜。(*>ω<)★☆Яina'U★☆

| | コメント (0)

『クワイエットルームにようこそ』

ここ最近、観たい映画が目白押しで公開してる(*≧▽≦)キャ

『クワイエットルームにようこそ』

327423view006

監督×脚本:松尾スズキ

出演:内田有紀 宮藤官九郎 蒼井優 りょう 妻夫木聡 大竹しのぶ、中村優子 

STORY:

三十路まえのバツイチライター・明日香(内田有紀)はある日、目が覚めると体を5点拘束された状態で、精神病院の隔離部屋にいた。。
そこは精神病院の閉鎖病棟の一室で通称「クワイエットルーム」。
じつは明日香は恋人(工藤官九郎)と別れ話になった際に、ムシャクシャして精神科から処方された薬をオーバードーズ:OD(過剰摂取)して意識喪失。その後、この病院に強制入院させられたのである。

その病院には様々な変わった女が入院してるのだった。

こうして、「クワイエットルーム」で静養することになった明日香が、14日間の入院生活で様々な面々と出会いながら、自分を見つめなおしてゆく姿を描く。

笑いあり涙ありの松尾節たっぷりに描いています。

IN ヒューマックスシネマ。

拝啓内田有紀様「ゲイノウカイへようこそ」

しばらく活動を休止されてましたが、見事に復帰したようで。すごくスクリーン映える、女優さんになっていました(偉そう・・・?)

役どころが、少し汚れキャラといいますか、汚れ物を扱う役ができるような女優さんはなかなかいないと思うので、内田さんが復帰してとても良かった!!!素敵な女優にまた、楽しみが増えました。それにしても、若い。蒼井優ちゃんと同じ世代に見えました。

クドカンさんも、大竹しのぶさんも、優ちゃんも、パンチの効いた役者人がズラリ。ナイスキャスティング!

ヨコハマ映画祭でお話した、中村優子さんも、また素敵でした。

松尾スズキさんと一緒に作品作りたいなぁ。松尾ワールドに染まってみたい。

| | コメント (0)

ただいま

ただいま
銀座でお茶中。
(*>ω<)★☆Яina'U★☆

| | コメント (4)

TOKYO国際映画祭。

先々週から大賑わいだった東京国際映画祭。

10月20日~28日まで。

オープニングセレモニーでは、アジア最大級の映画祭ということもあり、ここぞとばかりにドレスアップして、レッドカーペットを歩く女優陣たちが印象的でした。

映画祭WEEK。りなっちにとってはそれはそれは、楽しい一週間でした。だってアジア中の作品がたくさん観られるんだもの。

また、世界各国から集めた600以上の候補作から15作品を厳選し、上映。(コンペティション)その中から東京国際映画祭の最高賞“東京 サクラ グランプリ”が選ばれます。

そんな感じで5本しか観れなかったんだけど理奈ズセレクト作品。

『ミッドナイト・イーグル』 招待作品

日本:ステルス型戦略爆撃機、通称《ミッドナイトイーグル》が北アルプスで忽然と姿を消した! その機体には、日本全土を巻き込む程の威力を秘めた《特殊爆弾》が搭載されていた…。

『イッツ・ア・ニューデイ』 日本の映画。ある視点

日本:東大卒だがドジばかりの甲斐。ストレスである日突然耳が聞こえなくなってしまった。そんな甲斐の部下として派遣社員の沙織がやってきた。不思議なことに甲斐は彼女の声だけ聞こえるというのだ…。

『思い出の西幹道(仮題)』 コンペティション

中国:文化大革命の影がまだ色濃く残る1978年の中国。北部の小さな町を舞台に、少年ファントウの人生を変える鮮烈な記憶を、美しい冬の風景と共に繊細に描き出した秀作。

『壁を抜ける少年』 アジアの風

台湾:近未来SFの話題作。大災害ののち人類が滅亡の危機に瀕するなか、ふとしたきっかけで壁を抜ける超能力を身につけた少年は…。地球の未来やいかに。

『砂利の道』 アジアの風

マレーシア;ゴム農場で働くインド系マレーシア人一家を静かに見据えたメーナンの監督第1作。厳格な演出スタイルは小津やブレッソンと比較されることも

時間的にこれしか観られなかったんだけど、六本木が渋谷が熱かった~!!!

そんでもって、いつかレッドカーペット歩くんだ!ヽ(・∀・` )ノ

| | コメント (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »