« NY11日目。 | トップページ | “THE3名様” »

『憑神』

シネコン好きのりなっちとしてはかなり嬉しい映画館。

‘新宿バルト9’

(2月にオープンしたらしい)へ行ってみた。3フロア9スクリーンの新宿発シネマコンプレックス。

高級ホテルの様なエントランスに、ダークで落ち着いたロビーは、広々としていて、スクリーンも大きく見易く、ソファもふっかふか。すっかり気に入ってしまったよ。最近はTOHOのヴァージンシネマズで、キャラメルポップコーンを食べながらの鑑賞がお気に入りだったのだが、しばらく、バルト9に行くことしよっと♪で、久々の映画鑑賞。

Bf7d75b9『憑神』

監督:降旗康男 (『ぽっぽや』『単騎千里を走る』)

原作:浅田次郎

キャスト:妻夫木聡、西田敏行、夏木マリ、佐々木蔵之介、佐藤隆太、香川照之

おはなし:

時は幕末。別所彦四郎:妻夫木 は、下級戦士とはいえ、代々将軍の影武者を勤めてきた由緒ある家柄の出。しかし、戦いもない平和な世において、影武者の出番もあるはずもなく、毎日暇をもてあますばかり。出世はもはや神頼みしかないと、祈ったお稲荷様は、なんと災いの神を呼び寄せる‘三巡り稲荷’だった。

貧乏神・疫病神・死神 と三人の神に盗り衝かれる彦四郎の運命は・・・。

貧乏神を演じた西田敏行さん。実はりなっちの祖。と、いうのも、彼のミュージカルを観て、芝居をやりたい!と思ったから。←観たのは真面目な役ね。

独自のキャラクターで毎度大活躍の西田さん。

326724view003貧乏神役×西田敏行

ぷぷ・・・・・・想像するだけでも、なんかおもしろいでしょ?スクリーンでも特出でしたよ~!!!声と涙を流して笑ってしまいました。画像もかわいい、あやしい。まるで大黒様。

326724view004神様のくせに、なぜかど素人の呪文にひどくやられてしまうんですよ。このシーンは一見の価値あり。

ほんと芸達者だなぁ。今でも笑える。

次々に現れる不幸の三大神、貧乏神・疫病神・死神という、いわくつきの神様ですが、神様とは思えない出で立ちなんです。彦四郎に盗り憑きはするものの、真面目で優しい彦四郎にみな改心していきます。「拾う神あれば、捨てる神あり」とはこのことかしら。

3人の神に出会ったことによって、幕末の武士の生き様を考え、見出していく彦四郎役の妻夫木くんも好演してます。

味のある役者さんが多く登場してます。326724view010スクリーンに映る幕末の風景や、文化もいいですよ~。

|

« NY11日目。 | トップページ | “THE3名様” »

コメント

お久しぶりです、
そういや、西田敏行が役者人生の原点なんですね~。

投稿: Nick | 2007年7月21日 (土) 02:12

★Nick様★

こんばんわ。
お久しぶりです!!!
そうです!ビバ★西田敏行さん
あれは東宝ミュージカル『屋根裏のバイオリン弾き』だなぁ。

Nickさんの音楽の原点はどなたでしょうか。
原点。大切にしたいです。

投稿: りなっち | 2007年7月21日 (土) 02:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« NY11日目。 | トップページ | “THE3名様” »