« 不思議の国のアリス | トップページ | 『M・A』 »

『死のバリエーション』

Image3241 5月17日。

ガルフレで、共演した杵鞭麻衣さん。二人の女の子から好かれるカッコいい男:フミオを演じた方です。

今回は、死に向かっていく一人の女の子を演じます。

『死のバリエーション』

[作] ヨン・フォッセ ノルウェーの鬼才

[演出・照明] アントワーヌ・コーベ フランス人演出家

[出演] 父・長塚京三/母・高橋惠子/その娘・杵鞭麻衣

[あらすじ]

娘の死を受け入れられない「男」と「女」が時を超えて、ただ寄せては返す波のように、若さと老い、そして生と死の間を揺れ動く、家族の物語。死と生を行き交う人間のダイナミズムを静かに湛える作品です。(引用)

場所は世田谷パブリックシアター です。5月27日まで。地方公演は6/2(土)・3(日) 山口・山口情報芸術センター
6/6(水)・7(木) 兵庫・兵庫県立芸術文化センター
6/9(土)・10(日) 香川・サンポートホール高松

舞台装置というセットは、至ってシンプルで、一面に敷かれた濃いブルーのじゅうたんと、照明が印象的でした。コンテンポラリーダンスが始まるかのような気にさせてくれます。

麻衣さん、男でも女でも、やっぱステキだぁ。死に向かう女の子なんだけど、とても力強く、なんだか輝いて見えました。人間の死の間際って、生命が燃え上がるものなのかもしれません。それほど、光るもの感じました。

声がいいわ~。顔立ち綺麗~。トークおもしろ~い。マチネ終演後に、世田パブの前のデニーズにてお話し。確実に前に歩いてる麻衣さん。映画、ミュージカルと活躍しています。今後もご期待あれ!!!

そして、それに続け!あたし!

|

« 不思議の国のアリス | トップページ | 『M・A』 »

コメント

自分は15日に観に行きました。
文男もよかったけどやっぱりムッチーさんの女性姿も素敵でした。
外国の作品を外国の演出家の下お稽古され、いかに観ている人に伝えるかがとっても難しかったんじゃないかなあ?
地方公演あるみたいなので是非頑張ってほしいですね。

投稿: ヨヨイ | 2007年5月21日 (月) 13:34

★ヨヨイ様★

フミオでも今回でも、美しさは変わらないですよね。
地方もあるんですか。そうか。頑張って欲しいです。お土産おねがいしちゃおっと(‐▽‐)てへ。

投稿: りなっち | 2007年5月25日 (金) 10:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 不思議の国のアリス | トップページ | 『M・A』 »