« 万葉ロマン紀行。 | トップページ | 花の女子高生 »

『ゆれる』

スクリーンどーーーしても見たくって。公開して半年以上!

待った甲斐がありました!

4月22日夜。

渋谷はシネマアンジェリカというミニシアターで『ゆれる』上映中との事。

Image2641_1 レッスン後にテクテク行ってみると、なんと!本日最終回には西川美和監督の舞台挨拶があるではないですか!これは見逃したらイケン!てこなとで、約4時間ヒマを潰し……大鑑賞してきました。

ヨコハマ映画祭でお見かけしたのですが、相変わらず、小柄でかわいらしい方。キャストの新井浩文さんと、撮影秘話など楽しげに話してくれました。100名のキャパのこじんまりシアターだったので、とても近くでお話を聞くことができました。

5月4日まで『蛇イチゴ』ダブル上映してますのでみなさんも是非!25日は香川照之さんがゲストです!

Image2711『ゆれる』
脚本・監督:西川美和
出演:オダギリジョー、香川照之、伊武雅刀、新井浩文、真木よう子
STORY:
東京で写真家として成功した猛:オダギリジョーは母の一周忌で久しぶりに帰郷する。実家に残り父親と暮らしている兄:稔香川照之とは良好な関係を保ちつつも、父とは折り合いが悪い。久しぶりに幼馴染の智恵子:真木よう子と渓谷へと向かい、遊びに興じる。智恵子の東京への憧憬をあしらい、一人、渓谷への自然へとカメラを向ける猛が吊り橋を見上げると、橋の上で、稔と智恵子がいた。その瞬間、谷底へ落ちた智恵子に焦る稔の姿が・・・。
その時そばにいたのは、稔ひとりだった。
事故だったのか、事件なのか。
裁判が始められるが、次第にこれまでとは違う一面を見せるようになる兄を前にして猛の心はゆれていく。
1000902_031000902_02_1 
人間の心の奥の、奥の、奥に存在する気持ちを見事に表した作品でした。
脚本が素晴らしい!!!そして、香川さん素晴らしい。オダジョー、セクシー!
わたしたち人間が生きてく上で、絶対に抱いてしまう、エゴや傲慢や嫉妬。それは、時に他人であったり、親友であったり、家族であったり、そして・・・兄弟に向けられる。
兄弟であるが故の、助け合いと罵り合い。時に味方であり、宿敵。
それを上手く描いた作品。
りなっちにも姉がいるから。なんだかよく分かってしまう。この『ゆれ』
・・・・・・。
も一度観よう。
ちょっと感想が書きづらい。
でも色んな人に見ていただきたい作品。
人間は、愚かで愛おしいのね。

|

« 万葉ロマン紀行。 | トップページ | 花の女子高生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 万葉ロマン紀行。 | トップページ | 花の女子高生 »