« 『コンフィダント・絆』 | トップページ | 珍・緑茶。INお茶所 »

『間宮兄弟』

『間宮兄弟』

監督: 森田芳光 (海猫・阿修羅のごとく)

佐々木蔵之介、塚地武雅(ドランクドラゴン)、常盤貴子、沢尻えりか

物語り:

兄・明信弟・徹信の間宮兄弟は、マンションで2人暮らし。一緒にご飯を食べ、野球観戦で熱くなり、ビデオを観ては涙する。もういい大人の2人だけれど、仲の良さは子供の頃と全く同じ。いや、むしろ人生を共にしてきた太い絆の分だけ、さらに仲良くなっている。ある日、彼らは行きつけのレンタル屋さんの店員、直美ちゃん:沢尻と、徹信の務める小学校の依子先生:常盤を誘ってカレ‐パ‐ティ‐を開くことを決意。頑張って彼女たちに声をかけるのだった。

なんとも愛くるしい間宮兄弟。

むさ苦しいんだけど、憎めない、どこか懐かしい。そんな作品。佐々木蔵之介さん兄と、塚地武雅さん弟のペアが最高にハマっています。

生真面目で、多趣味で、人に、母に優しくて、努力家。でも、外見には恵まれず、性格も要領が悪く、オタクっぽい雰囲気があり、彼女いない歴=年齢。男兄弟のむさ苦しい生活。2人は小さい頃からたくさんの思い出を共有し、2人にしか通じないたくさんの言葉や気持ちがあり、静かで満ち足りた生活を送る。

もし、間宮兄弟に会ったら、癒されるんだろうなぁ。ちょっと、ブラコンだけど・・・(笑)

『今日の反省会!』という反省会を寝ながらやる間宮兄弟。なんとも愛らしい。兄弟は永遠だ。

お、お姉ちゃ~ん!に会いたくなってしまいました。

|

« 『コンフィダント・絆』 | トップページ | 珍・緑茶。INお茶所 »

コメント

江國香織さんの作品ですね。この作品は読んだことないんだけどほとんどの江國さんの本は読みました。江國さんの作品ってストンと心に落ちるんですよねえ、だからどんどん読み進んじゃう。他にも沢山いいのあるんで是非読んでみてね

投稿: ヨヨイ | 2007年4月11日 (水) 06:04

初めて訪問させて頂きますケィと申します。
私は佐々木蔵之介さんが大好きで、
間宮兄弟は蔵之介さん初主演映画ということで
去年はスクリーンで拝見いたしました。
何と言いますか、実際にこんなに仲の良い兄弟って
いるかな?と思えるくらい独特な兄弟でしたね。
けど、あの暖かい空気を無意識に発している…
そんな役柄をお二人は見事に演じていらしたので、
イイ作品だな~と思いました。
私にとっては忘れられない映画です^ー^
間宮カレーを食べに行ったのも思い出ですwww

またお邪魔させて頂きます☆

投稿: ケィ | 2007年4月11日 (水) 13:26

★ヨヨイ様★

がってん承知のスケ!
どちらかと言うと、本より映画を見てしまうので、頑張って本読みの時間を増やしたいと思っております。しかし、なかなか。。。
最近は、本→ドラマ化→映画化→舞台化
が主流になってきてますね。
いい作品はどんどん世に出すべきだ!
そんな作品にめぐり合えますように。

すびばせん(すみません)反れました。

投稿: りなっち | 2007年4月12日 (木) 09:45

★ケィ様★

はじめまして。こんにちは。ようこそです。
佐々木蔵之介さんのファンの方ですか。
それはそれは。
私は舞台の『クラウディアからの手紙』の熱演を観て以来、気になるようになりました。
間宮兄弟のコケティッシュな雰囲気が、コロコロと心に入ってきました。
間宮カレーってなんですっ?
またいらしてください。

投稿: りなっち | 2007年4月12日 (木) 09:55

りなっちサマ☆

レスすごく嬉しいです!有難うございます。
クラウディアの手紙、私も観に行きましたよ!!
TVでご活躍されているにも関わらず舞台にも
力を入れられているので、最近の俳優さんの中では
すごく尊敬できる方だと思っています。
間宮カレーと言うのは、劇中に間宮兄弟が
家に遊びに来た女性たちに振舞っていたカレーの事
なんですけど、あの架空のレシピを期間限定で
とあるレストランバーがメニュー化していたんですょ。

投稿: ケィ | 2007年4月12日 (木) 10:35

★ケィ様★

京都からこんばんわ。
PCが見れない状態で、返事が遅くなってしまっています。ごめんなさい。
こちらこそ。コメントありがとうございます。
またゆっくりとお返事させてください。

投稿: りなっち | 2007年4月17日 (火) 22:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『コンフィダント・絆』 | トップページ | 珍・緑茶。INお茶所 »