« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

Live!



日本の絶景101選目に!

(*>ω<)★☆Яina'U★☆




| | コメント (0)

フレッシュ!



北アルプスの雪解け水が流れる川

ゆれる吊橋より(*>ω<)★☆Яina'U★☆




| | コメント (2)

こちら安曇野!



大王わさび園だっ!

ピリリと辛いわさびソフトクリ−ムもイケル!

GW楽しみましょ〜(*>ω<)★☆Яina'U★☆




| | コメント (0)

麗しの・・・。

コラ-ゲン効果は出ているかな・・・?

奈良の明日香村サイクリングで、完璧日焼けしてしまったので、再び紫外線を浴びないよ~に、肌を乾燥させないよ~に。特に注意して生活してます、りなっちです。

今日はメイクモデルの日。

昨夜飲んだコラ-ゲンは、充分に発揮されてるだろうか?

スクワラン。アルブチン。ビタミンC。ハイドロキシン。イソフラボン。チロシナーゼ。・・・エトセトラ・・・

頭の中をぐ~るぐるぐるぐる駆け巡ります。美白成分用語。

今日のメイクさんは、声がちょっと低い、サバサバしてるけど、ほのぼのマイペースな、午後のティータイム。が似合いそうなT野さん。メイクは臨機応変に対応するというか、とても応用力があり、大胆さを持つ方。

おかげで楽しかったです。

おススメのコスメ早速購入!!!むふふ。

またお願いします。

夜は、麗しの大学生の頃の友人。いや、親友とご飯を食べました。カフェコムサで、パスタとタルトを食べました。食べちゃいました。

びわとオレンジのタルト。

おぃち~★(v*≧∇)v

帰りは気持ち大袈裟な動きをしながら帰りました。気休めですね。

綺麗にメイクして、美味しいもの食べて、幸せがいっぱい。

| | コメント (0)

花の女子高生

だった頃。

の仲良しだった友人ら3人に会いました。

みんなお仕事が終わった順に集まって、相変わらずワイワイしました。

高校の思い出話。お仕事の話。恋の話。そしてビックリ仰天ニュース。

わたしは途中、ダンスのレッスンで3時間ほど抜け、レッスン後また戻りました。

血の巡りが良いおかげで、お酒を飲んだら、すぐにほろ酔いで、ますます楽しくなっちゃいました。

次回はおなご4人で旅行に行くことになりそうです。

| | コメント (2)

『ゆれる』

スクリーンどーーーしても見たくって。公開して半年以上!

待った甲斐がありました!

4月22日夜。

渋谷はシネマアンジェリカというミニシアターで『ゆれる』上映中との事。

Image2641_1 レッスン後にテクテク行ってみると、なんと!本日最終回には西川美和監督の舞台挨拶があるではないですか!これは見逃したらイケン!てこなとで、約4時間ヒマを潰し……大鑑賞してきました。

ヨコハマ映画祭でお見かけしたのですが、相変わらず、小柄でかわいらしい方。キャストの新井浩文さんと、撮影秘話など楽しげに話してくれました。100名のキャパのこじんまりシアターだったので、とても近くでお話を聞くことができました。

5月4日まで『蛇イチゴ』ダブル上映してますのでみなさんも是非!25日は香川照之さんがゲストです!

Image2711『ゆれる』
脚本・監督:西川美和
出演:オダギリジョー、香川照之、伊武雅刀、新井浩文、真木よう子
STORY:
東京で写真家として成功した猛:オダギリジョーは母の一周忌で久しぶりに帰郷する。実家に残り父親と暮らしている兄:稔香川照之とは良好な関係を保ちつつも、父とは折り合いが悪い。久しぶりに幼馴染の智恵子:真木よう子と渓谷へと向かい、遊びに興じる。智恵子の東京への憧憬をあしらい、一人、渓谷への自然へとカメラを向ける猛が吊り橋を見上げると、橋の上で、稔と智恵子がいた。その瞬間、谷底へ落ちた智恵子に焦る稔の姿が・・・。
その時そばにいたのは、稔ひとりだった。
事故だったのか、事件なのか。
裁判が始められるが、次第にこれまでとは違う一面を見せるようになる兄を前にして猛の心はゆれていく。
1000902_031000902_02_1 
人間の心の奥の、奥の、奥に存在する気持ちを見事に表した作品でした。
脚本が素晴らしい!!!そして、香川さん素晴らしい。オダジョー、セクシー!
わたしたち人間が生きてく上で、絶対に抱いてしまう、エゴや傲慢や嫉妬。それは、時に他人であったり、親友であったり、家族であったり、そして・・・兄弟に向けられる。
兄弟であるが故の、助け合いと罵り合い。時に味方であり、宿敵。
それを上手く描いた作品。
りなっちにも姉がいるから。なんだかよく分かってしまう。この『ゆれ』
・・・・・・。
も一度観よう。
ちょっと感想が書きづらい。
でも色んな人に見ていただきたい作品。
人間は、愚かで愛おしいのね。

| | コメント (0)

万葉ロマン紀行。

そうだ、明日香村 行こう!

お天気になるということで、南下して、飛鳥へ足を伸ばしてみました。明日香村と言えば、朝の連続ドラマ小説『あすか』(朝ドラヒロイン:竹内結子さん)の舞台です!※飛鳥とも書く。

昨夜、寝ながら考えたプラン。

万葉集に詠まれた景色や山の麓に古代政変の歴史を感じにレンタサイクルで回る。

京阪奈良駅から、電車で約50分。

飛鳥駅前のレンタルサイクルでチャリンコを借りる。一日¥900。

Cimg6461

亀石。と呼ばれる石。長さ3.6M 重さ40T 

亀石伝説。昔むかし、大和が湖であったころ、湖の対岸の当麻と、ここ川原の間にけんかが起こりました。長いけんかのすえ、湖の水を当麻にとられてしまい、湖に住んでいたたくさんの亀は死んでしまったそうです。何年か後に亀をあわれに思った村人達は、亀の形を石に刻んで供養したそうです。今は亀は南西を向いているが、もし西を向き大麻をにらみつけたとき、大和盆地は泥沼になるという。

ちょっと怖いけど、なんともかわいいお顔の亀石。近くの幼稚園生が10人くらいで亀石を西に押してました。

Cimg6469

石舞台。

舞台といわれると・・・登りたくなる。

Cimg6467推定築造年代は7世紀はじめ。蘇我馬子の墓ではないかと言われている。 巨大な石材が組み合わされた一番大きい天井石は推定重さ77トン。

石舞台伝説。昔狐が女性に化けて石の上で踊って見せたという話と、この地にやって来た旅芸人が舞台がなかったので仕方なくこの大石を舞台に演じたという。

天気良好!昨日の冷たい雨はどこへやら。風と友達。チャリチャリ快調に走る‘りなっち万葉号’

石舞台を目の前に、‘あすかの夢市茶屋’でお昼休憩。黒米が甘くて美味しい。

Cimg6487

Cimg6484

飛鳥寺。飛鳥大仏。

日本最古の大仏様を祭る日本最初の寺。曽我馬子が建立し、仏教伝来の要となる。

Cimg6478

現在は、焼失や野ざらしにより、ひなびた小さなお寺だが、建立当時は最大級の大きさを誇る。  

               

Cimg6486_1←皇極4年(645)に中大兄皇子は藤原鎌足と謀って、飛鳥板蓋宮で蘇我入鹿の首をはねたのです。ところが、はねられた首は地面には落ちず宙に浮き、鎌足を追いかけたといいます。そのすさまじい怨念を鎮めるために建てられたのが蘇我入鹿の首塚だといわれています。

当時の血生臭い権力争いは今は昔。目の前に広がる田園風景はのどかで心が癒されます。

あすかさんの分と、私の分。おまもりを買う。

Cimg6491Cimg6494 甘樫丘へ登ります。飛鳥を360度見渡せる小高い丘。 吉野から散歩に来たという気のいいおじさんと出会いました。30分くらい、飛鳥についてはなしてくれました。りなっちはノープランで旅しているので今晩のお宿も決めておらず。するとおじさんは、吉野に友人の旅館があるから、安く泊まれるか聞いてあげると、早速携帯電話を取り、連絡してくれました。結局シーズン中で×でしたが・・・。優しさを感じました。別れ際に「知らないおじさんに話しかけられたら気つけや~」って。「おじさん。矛盾しとるよ~」 。。。涙が出そうになりました。 人間てあったかい。 Cimg6499猿石。 このココロ満足なまま帰ろう! そう決めて帰りの切符(高速バス)を買いました。 出発は夜なので、それまでならまちへ行こう。

ならまちの‘カフェバー界’へ再び。Cimg6504_1抹茶のプリンと、三色豆のタルト。 店員さんと関西弁についてお話。関東で関西弁はモテますよ。というと、「東京。ええとこやなぁ」

わたしは今回、奈良が大好きになりました。 奈良の土地が、空気が、歴史が、とても好きになりました。どっしり、ゆったり、大きな人間でいたい。 りなこの‘な’は奈良の‘奈’です!!!

| | コメント (0)

古都を振り返る

Cimg6411 今朝は朝早くに起き、コーヒーとパンをかじり、てくてく朝の散歩をしながら、‘三十三間堂’へ参りました。

本堂の内陣の柱の間が三十三あることから、こう呼ばれています。もちろん数えました。見所はなんと言ってもズラリと並ぶ1001体の千手観音像です。

ちょっと薄暗い内部に、シンと静まり返った空気の中、鎮座する1001体の観音さま。息を飲む。ってこの事を言うのかな。目を背けることができない。鎌倉時代に作られたものですが、一体一体の持つパワーは未だに無くなってはおらず、私はその場に立ちつくしてしまいました。

頭の芯まで響く目の前の1001体の観音様。自分と同じ顔の観音様が必ず一体あると言われています。「あ。あれかな・・・?」

信仰心の表れというより、もはや芸術に近いものを感じます。

私はここが大好きです。

Cimg6412Cimg6416お次は、  ‘伏見稲荷大社’

こちらも1000本の鳥居で有名です。映画‘SAYURI’で撮影され、さらに有名になったのではないかしら。緑の山に囲まれた、幻想的な雰囲気です。

京阪電鉄で約1時間、奈良へ。

奈良に着き、まずは宿探し。ちょっと手こずりましたが、今夜は人の良さそうなおじちゃんが主の旅館に決まりました。

そして、奈良公園へ。

これだけは言える奈良。

京都の感覚で歩いてはいけない。

とにかく広い。あそこに見えてるからすぐだ。なんて思ったら大間違い。歩いても歩いてもまだ着かない。興福寺→春日大社→東大寺へ回りましたが、もうくたくた。Cimg6423

Cimg6426鹿せんべいに群がる鹿さん。

Cimg6434 春日大社境内の3000に及ぶ燈籠

Cimg6442

奈良の大仏さま

Cimg6445 お水取りで有名な二月堂

Cimg6447 CAFEギャラリー‘界’にて。

今日は途中から雨も降り始め、寒い寒い一日でした。観光客も見かけられず、今夜はふらりと立ち寄った、ならまちのステキなカフェバーにて夕食です。

お客さんも私ひとり。ガーデンテラスのように張り出した店内は、総ガラス張りで、お昼にきたら気持ち良さそう。夜はオレンジのライトがいいムードを漂わせています。

東京にあたら大ヒット間違いなしですよ~!なんて店員さんとお話し。

よく歩いたから疲れた。温泉入って眠りにつく。

| | コメント (0)

回帰。

  ただいま。

部屋から太陽の沈む様子をボーーーっと眺めながら、

やっぱり此処もいいもんだ。

色んな事を考え出すと、ココロとアタマがぐっちゃになって、正しい判断が出来なくなる。

何かを掴みたくて、息抜きしたくて、旅に出たんだけど、

雄大な自然と、古い古い歴史の語りかけてくるパワーがものすごくて。

それを全身で受け止めることで精一杯だった。

さぁ!旅を振り返ろう!

IN京都。

今回の旅の目的でもある、‘すずむし寺’へのお礼参り。

Cimg6337京都駅からバスで約50分の所にあるすずむし寺。

365日、鈴虫の音色が聞ける事と、お地蔵様がわらじを履いていて、お願いを叶えるために歩いて来てくださる事で有名です。なんでも、土日、GWは参拝者が沢山で行列が出来るそう。

そんな鈴虫寺に2年ぶりに参拝することができました。

こちらの説法を聞くのが本当に大好きで、今回も2度聞いてきました。人間として大切なことを心地の良い、京なまりでお話してくれます。

まるで温泉に浸かったような気分になります!聞いた後はみなさんい~い顔してると思います。

「お世話になりました。」っとお礼参りを無事に済ませ・・・

嵐山・嵯峨野へ。

Cimg6341 

桂川に架かる全長250mの‘渡月橋’嵐山を代表する橋です。

よく時代劇に出てきますね。それはそれは雄大な川に掛かる橋ですから。とても渡り甲斐のある橋でした。「えっほ えっほ」気分は団子屋のおりなさん♪です。

続いて天龍寺ユネスコ世界文化遺産。

Cimg6352

池泉回遊式庭園【:日本庭園の形式の1つで池泉本意の庭園。池とその周囲を歩き見て回ることが出来、その道すがら眺望の変化が楽しめるように設計されている】は、亀山と嵐山を借景とし、四季折々の美しさを見せる。

Cimg6356 Cimg63645;15分までに出てください。

余裕だと思っていたのに、あまりに美しい庭園と、景色に時間を忘れて酔いしれてました。

気づけば5:45分・・・。

その間、黙って見過ごしてくれていたお寺の方に感謝。大自然に囲まれたお寺は、やはり寛大だった!

Cimg6372嵯峨野の竹林。

こちらも有名ですね。日も落ちていたので、だいぶ怖かったんですが、しっかり通ってきました。♪ザワワ ザワワ~

夜は高台寺のライトアップへ。

豊臣秀吉の妻;ねね が、秀吉の菩提を弔うため建立した寺院。こちらの池が最高潮に美しい。映し鏡になっていて、美しすぎて恐ろしいほど。

Cimg6392←この池に映った新緑もみじ、かなり最高です。りなっち、これを見たいがために来ました!!!

Cimg6403竹やぶも異様な雰囲気でしょう?

この日は、ここで終了です。

| | コメント (4)

石舞台

飛鳥でサイクリングしています。かなり最高です!

石舞台を眺めながら、古代米御膳をいただいてます(*>ω<)★☆Яina'U★☆

| | コメント (2)

鹿しかいないし。

京都から奈良に来ました。こちらは冷たい雨です。
うっそうとした緑の奈良公園内に立派に佇む、春日大社と東大寺の大仏様をお参りしてきました。
奈良はなんでもでっかい!だだっぴろい!すぐそこ。なんて気軽に歩き始めたものの…遠っ!

桜も散り、雨も降り、観光客がいないらしく、あたいと鹿のみ。

今夜は奈良町の‘界 ’というオシャレなカフェで茶してます。店員さんの京なまりが妙に心地良くて。
明日は飛鳥か吉野山へ向かう予定。

| | コメント (8)

コンコンさま

千本鳥居の伏見稲荷大社にて

神秘的な感動中(*>ω<)★☆Яina'U★☆

| | コメント (2)

そうだ 京都 行こう

はんなり京都へ来ました。
嵐山の掛川橋を渡り、鈴虫寺へ参ります。一人旅の始まりです
(*>ω<)★☆Яina'U★☆

| | コメント (0)

こちら兵庫どす。

今日はいとこのショウコちゃんの結婚式です!

Cimg6180_1

ご結婚おめでとうございます!



親戚一同が数年ぶりに大大集合します。

ドキドキ!

| | コメント (4)

珍・緑茶。INお茶所

Image2381_1キャップの所にお抹茶パウダ-が入っていて、飲む直前に開けると粉が落ちてきて、それを振って出来上がり。自家製?緑茶の出来上がり♪

←開けてないからまだ透明。浜名湖SAで売ってました。¥210なり

浜名湖SAは桜がチラチラ散り始め。いざ!兵庫!

| | コメント (0)

『間宮兄弟』

『間宮兄弟』

監督: 森田芳光 (海猫・阿修羅のごとく)

佐々木蔵之介、塚地武雅(ドランクドラゴン)、常盤貴子、沢尻えりか

物語り:

兄・明信弟・徹信の間宮兄弟は、マンションで2人暮らし。一緒にご飯を食べ、野球観戦で熱くなり、ビデオを観ては涙する。もういい大人の2人だけれど、仲の良さは子供の頃と全く同じ。いや、むしろ人生を共にしてきた太い絆の分だけ、さらに仲良くなっている。ある日、彼らは行きつけのレンタル屋さんの店員、直美ちゃん:沢尻と、徹信の務める小学校の依子先生:常盤を誘ってカレ‐パ‐ティ‐を開くことを決意。頑張って彼女たちに声をかけるのだった。

なんとも愛くるしい間宮兄弟。

むさ苦しいんだけど、憎めない、どこか懐かしい。そんな作品。佐々木蔵之介さん兄と、塚地武雅さん弟のペアが最高にハマっています。

生真面目で、多趣味で、人に、母に優しくて、努力家。でも、外見には恵まれず、性格も要領が悪く、オタクっぽい雰囲気があり、彼女いない歴=年齢。男兄弟のむさ苦しい生活。2人は小さい頃からたくさんの思い出を共有し、2人にしか通じないたくさんの言葉や気持ちがあり、静かで満ち足りた生活を送る。

もし、間宮兄弟に会ったら、癒されるんだろうなぁ。ちょっと、ブラコンだけど・・・(笑)

『今日の反省会!』という反省会を寝ながらやる間宮兄弟。なんとも愛らしい。兄弟は永遠だ。

お、お姉ちゃ~ん!に会いたくなってしまいました。

| | コメント (6)

『コンフィダント・絆』

観て来ました!!!!!

すごいすごい!!!!!!

三谷幸喜さん万歳!!!!!

最高の時間でした!!!!!

| | コメント (5)

36−60



気温36℃ 湿度60℃ のホットな世界でヨガをしてきました。

タンクトップに短パン姿…。自分がマラソンランナーみたいでウケてしまいました。

パワー系のヨガだったので、今朝はけだるい筋肉痛です。

まるでサバンナに住む野生馬のような筋肉のスジをお持ちの先生。とあたい…。

オ〜NO〜(T-T)

話しは変わって

犬とやるヨガ:doga

岩盤の上でやるヨガ:岩盤ヨガ

ヨガの勢いはとどまる所を知りませぬ。

身体を鍛えることは心を鍛えることと同じですからね。では。良い一日を。

画像はクロネコと白線




| | コメント (2)

ナウ オン セ−ル☆

『ガ−ルフレンズ』DVD発売中です!

| | コメント (4)

新潟2泊3日の旅。

ちょいと海外へ行ってきました。日に焼けちゃってしょうがないです。

はい。ウソです。(エイプリルフール)

新潟は

・・・ひゃっこかったぁ。

桜の咲くあったか~い東京をこの時期旅立つのは、正直辛かった。

でも、新潟は梅が満開でした。

あまりに寒いんで、熱帯植物園へ。

Cimg6115つくしの群生。

Cimg6116逃げるカモさんたち。

Cimg6120 Cimg6123チューリップで有名な新潟県。

Cimg6122 

南国のおもしろい木。

東京は桜が満開ですね~。

りなっちは毎年、千鳥ヶ淵へ行きます。今日辺り良さそうです。

今日は、宣材写真撮りです。素の自分が撮れたら最高です。

| | コメント (2)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »