« 桜はまだか…? | トップページ | えにし。 »

東京タワ‐とワタシ。

『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』

本→ドラマ化、そして映画化。リリー・フランキーさんの原作が多くの方に愛されている。ワタシもその中の一人。いや、親の子である誰もが心を打たれる作品ではないだろうか。

本でも読んだが、昨日、ドラマの最終回を見ながら、始終泣き続けていたワタシ。「オカン!行かんでよっ!」

幸いワタシの両親はいつも元気で、両親のありがたい存在を常に感じる毎日。・・・もしこれがワタシの母親だったらと、置き換えてみる。怖くて、苦しい。想像もつかない。

いつも自分のことを差し置いて、一生懸命応援してくれる母。美味しいご飯を作ってくれる母。ちょっとボケてるけど、笑って明るい家にしてくれる母。

いつもニコニコの父。この前も魔法の手でMDを直してくれた父。

いつかくる親の死。

絶対に避けることが出来ない未来。

今はまだ考えることが出来ない。今はまだ。今はまだ・・・・・・。

そうやって、気づいたときに手遅れ。なんて事ににならないようにしたい。

ワタシ、全く親孝行してないや。

「もう自分のことにお金も、時間もかけていいんだよ。」そう言いたいのに。いつまでも甘えて、心配かけてごめんなさい。いつもありがとう。

照れくさくて言えない言葉を、今ココで。

|

« 桜はまだか…? | トップページ | えにし。 »

コメント

理奈子さん、こんにちは。
ともひろです。

東京タワーは観ていませんが、理奈子さんお薦めの「フラガール」を遅ればせながら映画館で観てきました。DVDではなく臨場感のある映画館がやっぱりいいですよね。
「フラガール」の観ての感想は「やられた!!」という感じかな。
我慢したんだけど、涙が出てきてしまいました。一度そのような状態になると、ずるずるですよね、止まりません。感動の大きな波がくると目はうるむは、鼻水が出てくるはで、大変です。でも気がつくと周りの人たちも大変な状態。ちょっとホッとしました。

とても心が「あったかくなる」映画でした。理奈子さんが3回も観に行った気持ちわかります。また観たいな・・・。

どうも最近、涙腺が緩みがちです(歳かな・・・)。でも、素直に感動できるっていいでよね。

これからも素敵な映画、素敵な舞台、素敵な音楽で沢山感動したいと思います。
理奈子さんの次の作品、楽しみにしています。決まったら教えてくださいね。

投稿: ともひろ | 2007年3月21日 (水) 02:35

★ともひろ 様★

ともひろさんこんにちわ。理奈子です。
いよいよ桜が咲きました。

「フラガール」観たっぺか?!いいなぁ。
いやぁ、それはそれは~。(・∀・)うんうん、私も映画館の雰囲気が大好きです。
みんなで一つの目標や夢に向かうこと、家族を人を大切にすること。本当に心に染み入る作品でした。あ。また観たくなっっちゃったし。フラガール2があれば演りたい(笑)

私も最近特に涙腺が緩くなってきました。ニュースやスポーツを見て泣きそうになります。「あ~この人も苦労してきたんだなぁ」とか勝手に想像したり、妄想したりして。


ちょっと話が反れますが、
涙を流すことは、とても身体に良いそうですよ。
ストレス物質を涙に溶かし込んで体外に排出するらしいので。
私も、心が浄化された気になります。リセット!

それでは。ともひろさんのおススメがありましたら絶対教えてくださいね。
♪ジェイクシマブクロさんのウクレレ聴きながら

あたいもガンバロ~(*'▽'*)


投稿: りなっち | 2007年3月21日 (水) 11:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 桜はまだか…? | トップページ | えにし。 »