« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

『バッテリー』

選抜高校野球が始まりましたが・・・こちらも野球。1996年に児童書として刊行された大ベストセラー本!

『バッテリー』

Index_004 監督:滝田洋二郎

原作:あさのあつこ

キャスト:林 遣都・山田健太・鎗田晟裕・天海祐希・岸谷五朗・菅原文太ほか

STORY:巧(林遣都)は12才の野球少年。野球にすべてを賭け、ピッチャーとして活躍し、自分の才能に絶対的な自信を持った巧は、家族をも寄せ付けないクールな雰囲気を持っていた。病弱な弟を持ち、そのため巧の野球をこころよく思っていない母親に反抗してしまう。 
 中学生になった巧は岡山・新田市に引っ越すことになり、そこで豪(山田健太)という同級生のキャッチャーと出会う。豪は巧の見事なピッチングに感銘し、「バッテリー」を組むことを意識するようになる。

ところが、中学校の野球部に入部してまもなく、巧は指揮の仕方をめぐって監督と衝突してしまう。さらに、豪との足並みも乱れ、巧は少しずつ孤立していく ・・・。

『人:ヒト』と言う字は人と人がお互いに支え合って成り立つものだ。

ピッチャーはキャッチャーを。キャッチャーはピッチャーを信頼していなければ、試合になりません。友達を信頼すること、野球を通して自分の気持ちを伝えること。自分を信じて、受け入れてくれる存在のあり難さ。そんな大切なメッセージがいっぱい詰まった作品でした。

岡山の自然の中でのびのびと野球をする、少年たちがとても良かったです。野球スポコン青春映画というより、ヒューマンドラマって感じ。

『人』って漢字は本当に良く出来た字だなぁ(-c_,-)しみじみ 

なみに本日からちょいと新潟県へ行ってきます。準備しなきゃぁ!

| | コメント (4)

ワイハ



昨日のレッスンで、おととい新婚旅行から帰国したばかりの先生にハワイのお土産をいただいた。

‘マウナロア’のマカダミアナッツ!

課題の早口言葉を言えたらもらえる。しかも一つ食べて味のリポートもする。



お土産話もちょこっと聞き、なんとも幸せそうな先生でした。改めてご結婚おめでとうございます






| | コメント (0)

それぞれの舞台

今日は、サントリーホ−ルへクラシックコンサートへ行ってきた。

Cimg6090‘コバケンガラVol.6’

指揮者:小林研一郎(愛称:コバケン)
ピアノ:仲道郁代さんを招いてのオ−ケストラ

ベートーヴェン ピアノ協奏曲第4番・交響曲第7番 

コバケンの軽快かつ面白スペシャルト−クで、本日の主役:ベートーヴェンの音楽の魅力を伝えてくれる。他のクラシックコンサートにはない、トーク時間が良い。偉大なる作曲家の生い立ちや、曲のエピソードが面白い。

また、仲道さんのピアノを弾く姿のなんとも美しいこと。右手をスゥッと天に高くあげたかと思えば、トンッと指先で鍵盤をはじく。その姿はベートーヴェンとおしゃべりしているように見えてしまう。本当に惚れ惚れである。

コバケンは、指揮台という舞台で、全身を使って指揮する。

仲道さんは、鍵盤の上で指先を躍らせ、音を奏でる。

フィギュアの高橋大輔くんは、氷上で舞い、観客を魅了する。

当たり前だけど、人にはそれぞれ自分の舞台ってものがある。りなっちブログに遊びに来てくれるみんなにも舞台があって、そこで必死に輝こうとしている。それぞれの舞台で、それぞれ輝いてる人がいる。

Cimg6088_4

LOVE&PEACE

| | コメント (0)

『TOMMY』

ブリティッシュロックを代表するロックバンド「ザ・フ−」が1969年に発表し、全世界で500万枚以上をセ−ルスしたアルバム『TOMMY』

ストーリ−仕立てのロックオペラとして発表され、絶賛を得た。

演出:いのうえひでのり

音楽:ザ・フー

出演:中川晃教、高岡早紀、ROLLY、他

物語:幼少時に両親が起こしてしまった殺人事件を目撃してショックを受けたトミーに、両親は「何も見なかったし何も聞かなかったし何も語るな」と強要。
これがトラウマとなって4歳のトミーは視覚・聴覚・言語を失ってしまう。

両親の治療も空しく、トミーの心は内面に向かったまま開こうとしない。
See me,Feel me,Touch me,Heal me…
「僕を見て。僕を感じて。僕に触って。僕を癒して」トミーの瞳に映るのは、鏡の中の自分の姿だけ。

しかしある日、「ピンボール」に出会ったトミーは、
指先だけの感覚で、才能を開花させ、“ピンボールの魔術師”と呼ばれるようになる。

それでも三重苦から解放されないトミーを治すことを、諦めた母親は、鏡ばかり見つめるトミーに業を煮やし、鏡をたたき割ってしまう。
しかしその瞬間、トミーは回復する。
カリスマ的存在となっていたトミーは、
彼らが「トミーのようになりたい」と盲目的な憧れを寄せてくることに対し、
「僕は、やっとみんなと同じように
見たり聞いたり話したり出来るようになったことが嬉しいんだ」と喜びの言葉を口にする…

その日本版がコレ!演出は、いのうえひでのり(劇団☆新幹線)。

一言で表すと、怪しい町外れの夜中の遊園地。着ぐるみが出てきて踊りだすし、トミーが人形になるし、会場中にピンボールが飛んでくるし。すごい迫力でした。これぞロロロロックミュージカル!!!なんだろうなぁ。

いのうえさんの演出も次から次へと、仕掛けてきてとても楽しかったです。

| | コメント (0)

えにし。

歌のレッスンに行って来ました。

自然が多く残る東京の西の方へ。「こ、ここは?いずこ?」と思うほどの景色。ガタゴトと電車に揺られ、うつろうつろしながら。。。真っ青な空の向こうには、山々が綺麗に見えます。

MDウォ‐クマンの中身を軽やかな曲に変え、軽い小旅行気分で先生の元へ行きました。ピンポ~ン

はじめましての先生。小さい頃から歌を愛する方で、多くの大舞台を踏み、MC、歌手と、本当に素晴らしい歌声の持ち主。んで、とってもはつらつとしたお話好きのりえさん。色んなつながりで『ガ‐ルフレンズ』を観に来ていただいてたそうで。

縁。

を感じました。

レッスン後にいただいた紅茶が美味しかったなぁ。

色んな縁に感謝します。

さ、今日もレッスン頑張るぞp(●`∇´●)q

| | コメント (2)

東京タワ‐とワタシ。

『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』

本→ドラマ化、そして映画化。リリー・フランキーさんの原作が多くの方に愛されている。ワタシもその中の一人。いや、親の子である誰もが心を打たれる作品ではないだろうか。

本でも読んだが、昨日、ドラマの最終回を見ながら、始終泣き続けていたワタシ。「オカン!行かんでよっ!」

幸いワタシの両親はいつも元気で、両親のありがたい存在を常に感じる毎日。・・・もしこれがワタシの母親だったらと、置き換えてみる。怖くて、苦しい。想像もつかない。

いつも自分のことを差し置いて、一生懸命応援してくれる母。美味しいご飯を作ってくれる母。ちょっとボケてるけど、笑って明るい家にしてくれる母。

いつもニコニコの父。この前も魔法の手でMDを直してくれた父。

いつかくる親の死。

絶対に避けることが出来ない未来。

今はまだ考えることが出来ない。今はまだ。今はまだ・・・・・・。

そうやって、気づいたときに手遅れ。なんて事ににならないようにしたい。

ワタシ、全く親孝行してないや。

「もう自分のことにお金も、時間もかけていいんだよ。」そう言いたいのに。いつまでも甘えて、心配かけてごめんなさい。いつもありがとう。

照れくさくて言えない言葉を、今ココで。

| | コメント (2)

桜はまだか…?



しばらくPC離れしてました…。

ネタはたくさんあるのにな(>_<)

さてさて滑舌のレッスンが終わり、これからJAZZダンスでござい。

春なんで、ヘアスタイルも変えました。何やらガンジガラメでおかしな画像はその時の様子。何年かぶりにパ−マをかけてみました♪

春よ、来い。










| | コメント (0)

放送中!

遅ればせながら。。。

『ガールフレンズ』O.A.中です。

http://www.theatertv.co.jp

是非見てください。

03月16日 09:30  18:00 
03月18日 13:00 
03月23日 18:00 
03月25日 17:00 
03月30日 12:00  21:00 

懐かしい。

もうすぐ、DVDも発売です。

楽しみ。

| | コメント (2)

箱根の旅。

10日の昨日。朝6時に起きて、おむすび握って、出発!!!

Cimg5234 高速を快調に飛ばして

まずは‘御殿場プレミアムアウトレット’へ!!!

 キタ―(゚∀゚≡゚Д゚)ムハァ―!!

富士山を目の前に、ゆったりと並んだ店。店。店。車のナンバーは県外が多く、家族連れ、カップル、イヌ。大賑わいです。

何買ぉ~?広スギテ・・・大変ダ。

結局、3,4時間の買い物の末、春らしい白のブラウスと、アボカドのヘッドスパクリ‐ムを買いました♪

そして、箱根の仙石原方面へ。

Cimg6042‘ポ‐ラ美術館’

― ドガ、ダリ、シャガ‐ルのBallet ―

欲していたんです。心と脳が。

しばしば衝動的に絵画に触れたくなることがあります。なんなんだ?某○‐ラの泉で、江原さん、美輪さんにりなっちのご先祖様を見ていただきたいな。

ヨーロッパの歴史好き+教会落ち着く+美術絵画好き

Cimg6043ヨーロッパ貴族のお姫様

なんてことにならないかなぁ+.(・∀・).+゚.。oO

←ピエ‐ル・オーギュスト・ルノワール『レースの帽子の少女』

影の描写の青色が素晴らしいです。透き通る肌の色も。柔らかい。なんだか見ているこちらまで幸せになります。少女は何を思っているんだろう。お気に入りの作品。

自然の中に溶け込むようにして建てられたポーラ美術館は、自然を壊さないよう、地下にできています。そして綺麗で近代的な建物です。白を基調とした壁に、吹き抜けの3階建て(地下2階)、天井はガラス張りになっており、森の緑と、空を仰げます。森林浴な気分。

そして、箱根湯本方面へ車を走らせました。

箱根の夜は短い。大体のお店が、17時か18時には閉まってしまいます。りなっち達が到着したのは、19時前。お腹ぺこぺこなのにぃ~~~!!!

Cimg6039ようやく見付けたおそばやさんに滑り込みました。親子丼を注文。ありがたや、ありがたや((´・∀・`))

いただきます。

そして、ダントツ人気の日帰り湯治郷温泉‘天山’へ。

ちょっと怖い真っ暗な山道の中、薄いオレンジの白熱球が出迎えてくれます。雰囲気いいんだよ~コレが!!!館内は江戸のお屋敷を思わせる造りで、和風。こげ茶色の木作りで、とても粋な造りになっています。ちょっと、『千と千尋の~』みたい?

お風呂も、5本の源泉を引き、2種類の泉質があり、一日に37万Lもの温泉を沸出しています。100%掛け流しなんですよ~!!!これはすごい。温泉は飲めちゃうらしい。

岩の露天風呂が数種類あるし、水温、泉質、それぞれ違うから、かなり楽しめます。白熱灯の灯りがかーなーりよろし。お湯と湯気と自然とわたし。みたいな。極上の時間と、つるつるの肌なこと間違いなしです。まさに、癒しの頂点、天国天山。

日帰りだったけど、とっても楽しかった。

| | コメント (0)

華麗なる美族?

7日は1日中メイクモデルの仕事。Cimg5980 

←noble:高貴な花嫁。

になれただろうか。。。

メイクの柳沢さん。外国の子供の様な天然パ‐マがキュ‐トで、マイペ‐スでホワホワした雰囲気の方。

Cimg5981

←メイクの有茶ちゃん。目がくりっとしてて、独り言を言いながら真剣にメイクする姿は、とても愛らしくてステキでした。helthyなイメージ。

メイクも芸術の一つなんだな~。顔がキャンバスで、ヘアー、衣装が額縁といった所。改めて感じるアート。メイクさんて凄いなぁ。

 今日は、モデルの空き時間に代々木公園~渋谷周辺の路地をブラブラ散歩しました。最近、ブラっと散歩するのが好きになってきたりなっち。行く先々でカフェとか洋服の路面店を見つけると、吸い寄せられてしまいます。特に入るでもなく、お店の外装とか、雰囲気とか眺めるのが大好き。

空を見上げると、雲一つない快晴。下を見ると、小さく咲き乱れるオオバコ。そうそう3月18日が東京の桜の開花予想日です。春たけなわです。楽しいな♪♪(*´ー`)ノ

| | コメント (2)

『檸檬のころ』『さくらん』

今月下旬に公開予定の映画『檸檬のころ』のアソシエ‐トプロデュ‐サ‐の網川さんにご招待いただいた試写会へ行ってきました。この場を借りてありがとうございます。

『檸檬のころ』3月下旬ロードショー

何もかもがキラキラしていたあの頃に詰めた宝箱を開けた様な映画でした。誰もが経験したすっぱい青春、ここにあり。

監督:岩田 ユキ

出演:榮倉奈々・谷村美月・柄本佑・石田法嗣・林直次郎ほか

物語り:

高校3年生の秋元加代子(榮倉)は、勉強も部活も何でも出来、東京の大学に進学すると決めている。 野球部の西巧(石田)は中学からの同級生で、淡い想いを抱いている。そんな中、野球部のエース佐々木富蔵(柄本)といい関係になっていく加代子。絡むことのない視線。

将来は音楽ライターになると決めている白田恵(谷村美月)は教室の片隅でウォークマンを聞き音楽にのめり込んでいる。ある日、同じように音楽を感じている軽音部の辻本一也(林)を知る。放課後の二人きりの清掃や、盛り上がる音楽談義。急に色鮮やか、輝いて見える風景。

高校最後の文化祭。1つの曲の誕生によりさまざまな物語が動き始める。5人それぞれの思いが交わる。

うーん。あったあったこんな青春。クラスの男の子がちょっと大人びて見えた瞬間とか、ほのかに淡い恋心とか。でも、不器用が故に檸檬のようにすっぱい思いをしたり、傷付いたり。

今でこそ‘青春時代’として笑って思い出せますが、当時はみなそれぞれ大人になる一歩も、二歩も手前で、一生懸命生きてたんだなぁ。この作品を観ながら色んな思いで振り返ることができました。あとからくるこのジンとした思い。あの頃に戻りたくなりました。

ロケーションもかなり良いです。都内のあくせくした雰囲気とは違い、のどか~で、時間がゆっっったりと流れています。おいでませ栃木県

『檸檬のころ』観るべし!!!

Image191 映画後は、カレッタ汐留でおそばを食べ、次に向かったのは‘都路里’

←2、3月限定の春の特選パフェ

抹茶の食材(ゼリー、カステラ、生クリーム)、三種類のアイス(桜、玄米茶、バニラ)、白玉、小豆に、いちごの酸味と甘みが絶妙。

『さくらん』も観たよ~。

出た!2本立て!感想はまた今度。

Image1901 

| | コメント (0)

春めく、春メイク。

3月5日。

春の嵐の中、メイク中。

花粉症のため、メイク中はコンタクトをはずしている。

だから完成して、目を入れたときの化け様は面白い。

自分が自分じゃないみたい。

カメラの前に立つと、自分の肌がキュっとリフトUPするのが分かる。

独特の緊張感。

これがまたたまらない。

春の嵐の中、撮影終了。

| | コメント (0)

ギネスに挑戦。

3月3日おひな祭り。ドライブがてら急遽、富士Qハイランドに行くことになりました。ここにはギネス認定アトラクションがたくさんあります。絶叫マシン大好き人間なのでドキドキで出発です。

Cimg5958 富士急ハイランド

中央道、河口湖ICおりてすぐ。

「ええじゃないか」約1H待ち。

総回転数14回は世界一これはすごく面白かった!!!!!今までのTOPに挙げたい絶叫マシンです。座席に座って、足はぶら下がるタイプなので、思わず靴も靴下も脱ぎ捨てて乗りました。サイコ~!!!

「FUJIYAMA」約40分待ち。

最大速度130km/h。速度、高さ、巻き上げ高さ、落差世界一。お天気が良かったので、富士山が本当に綺麗に見えました。富士山より高くに登るんじゃないかと錯覚するほどレールが高いFUJIYAMA。

「ドドンパ」約1H30分待ち。

発射後、わずか1.8秒で時速172km/hの圧倒的な加速力!!!
垂直上昇、垂直落下のタワー。
3秒間のカウントダウンは、心臓がパクパクしてました。このまま未来に行けちゃうんじゃないか。速かった~。あっという間に終わっちゃうんだけど、面白かった!!!

絶叫しすぎて喉が痛いよぅ。

ストレス解消にいかがかな?

Cimg5957 午後の富士山。 裾野のラインが美しい。

Cimg5963そして、山梨県は甲府市上今井にあるお食事処‘つるかめ’のほうとうをいただきに行きました。毎度お馴染み。優しいお味で、大好きなつるかめのほうとう。 ペロリと平らげました。ご馳走様です。

夜は疲れた身体を休めに、健康ランドへ行きました。初の健康ランド。お客さんとか、サービスとか、なかなかオモロいぞ。機会があればまた行きたい。けど、スパの方が好きだなぁ。。。

そんなおひな祭り。目をつむると、まだ乗り物に乗ってる感覚が。ぐ~るぐる へ( ゚∀。)ノ ヘルプミィ

| | コメント (0)

修行。

メイクモデルのお仕事の合間に行ったCAFE‘violette’

代々木公園の近くにホッコリとあります。雰囲気のいいカフェ。地下へ続く階段があり、そこには美容院があるんだよ~。

蟹とほうれん草のパスタ、温野菜スープ、コーヒーをオーダーしました。これを食べて、すぐまた戻りま~す。

至福のひととき。

撮影は面白いです。でもレンズの奥を見てると緊張してきます。表情を作るのって難しいなぁ(TдT)アゥ・・・ いや、敢えて作るもんじゃないのかな?内からにじみ出ちゃうとか?いや、その両方か?う~む。心の中で台詞を言いながら撮られればいいのかな?つづく

切磋琢磨しながら日々勉強してます。

センスを磨くには‘よいもの’に多く触れること。‘よい音楽’‘よい映画’‘よい絵画’は感性を豊かにします。食べ物と一緒ですね。よい食材が食べ物が健やかな身体を作る。Border

憧れのあの人に近付けますように。

| | コメント (4)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »