« 花*花 | トップページ | 『HAMLET』 »

鎌倉日和

早春の電車でGO!

新宿駅発 9:10分 江ノ島23号(ロマンスカ‐)1号車1列目に乗り込む!

1時間強で藤沢に到着。いよいよ、ここから風情あふれる江ノ電途中下車の旅が始まります。

Cimg5846_3藤沢駅→江ノ島→鎌倉高校前→長谷駅へ。

Cimg5854高徳院へ。有名な鎌倉の大仏様のいらっしゃる所。拝観料¥200

天候に恵まれ、なんだか大仏様も嬉しそう。

大仏様の胎内に入りました。+¥20 

長谷通りを紫芋コロッケを食べ歩きしながら、長谷寺へ。入山料¥300

見所たっぷりの長谷寺。入山料ってあるだけに、山寺です。こちらの境内は、池があったり、四季折々の木や花が植えてあったり、水の流れる音や竹林の音。五感で感じるお寺でした。由比ガ浜、三浦半島、相模湾を一望できるヴューポイントは眺望が素晴らしかったです。Cimg5860

Cimg5870 本尊にある11面観音菩薩像は、木造では日本最大級を誇り、9メートルの大きさ。お顔の上にまたお顔。その上にもお顔。本当に11面ある。

みなの願いや思いが沢山あるので、観音様がその人その人にあった表情をするために11面ものお顔があるそうです。

上空から、人間の食べる物を、虎視眈々と狙うのはとんび。すぐ近くまで飛んできて、食べ物をかっさらって行くそうです。‘とんびが狙っています’そんなとんびに脅えながら、見晴台でおにぎりを食べました。美味しかった~。

またまた江ノ電に乗り、鎌倉駅へ。

骨董品や和菓子、おみやげ物屋が軒を連ねる、小町通りをぶらぶらしながら、鶴岡八幡宮へ。

ちょいと日本史のお勉強!

Imgp1128康平6年 (1063)源頼義が京都の石清水八幡宮を勧請して、由比ガ浜付近に祀ったのが始まり。
治承4年(1180)鎌倉に入った
源頼朝が現在の場所に移しました。しかし、ほとんどの建造物が火災により焼失。 
復興から一年後の建久 3年(1192)、頼朝 は朝廷より
「征夷大将軍」 任命の拝受を鶴岡八幡宮で執り行います。幕府の儀式や行事は全てここで行われ、また流鏑馬や相撲も奉納されました。のちの戦国武将、北条、足利、後北条、豊臣、そして徳川幕府と時の権力者が遷り変わろうとも手厚く保護を受け、現在に至っています。

Imgp1132 吉野山峰の白雪踏みわけて
 入りにし人のあとぞ恋しき
 静や静しずのおだ巻きくり返し
 昔を今になすよしもがな


吉野山で捕らえられた静御前が、義経をしのびながら舞った場所、舞殿。頼朝の怒りをかい、義経の子と、自らの命を失う悲劇になりました。

Imgp1134

樹齢一千年のイチョウ。高さ30メートル、周囲7メートルもある大木です。 歴史の移り変わりを、見続けてきた大イチョウ。何を見てきたんだろう。

Imgp1142参拝を済ませ、宝物展へ。歴史の重みを感じながら。

そして、またロマンスカーで新宿まで帰りました。ロマンスカーは快適ですね。すいすい~と走り、つつ~と眠りに落ちました。

18:36着。夜は新宿で中華を食べました。街のネオンを眺めながら。久々に家族でお出かけしました。とても楽しい一日でした。

|

« 花*花 | トップページ | 『HAMLET』 »

コメント

鎌倉の大仏の画像を探してたら、たどり着きました。
大仏様の胎内に入れるのですね。

投稿: まえちゅん | 2009年1月23日 (金) 12:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 花*花 | トップページ | 『HAMLET』 »