« 私をドライブに連れてって。 | トップページ | 熱すぎた夜 »

『父と暮らせば』

りなっちのリスペクトしている女優さんのひとり、宮沢りえさんが2004年にブルーリボン賞の主演女優賞を受賞した作品

『父と暮らせば』を観ました。

Intro

監督:黒木和雄

出演:宮沢りえ、原田芳雄、浅田忠信

物語:「おとったん、ありがとありました」

舞台は1947年夏。原爆投下から3年経った広島。原爆から独り生き残った後ろめたさから自らの幸せを拒否して生きると、幽霊となり彼女の恋を懸命に後押しするとの4日間の交流を優しく綴ったヒューマン・ドラマ。

何年か前に、岩波ホールにて観ましたが、本当にず~っと心に残っている一作で、きっと一生忘れません。この映画に出逢えて本当に良かったです。i映画館に入ると、沢山の千羽鶴がかけられてあり、りなっちも鶴を折ってきたのを覚えています。

出演人数わずか。ほぼ父と娘の2人芝居で物語は展開していきます。2人の広島弁が耳障りがいい。戦争レクイエム作品なのに、戦争の惨事やリアルな絵はまったく出てきません。重いテーマなのに、父親のユーモアあふれるダジャレで、むしろクスっと笑えます。

宮沢りえさんの演技もとってもいい。細い身体からにじみ出てくる、ヒロインぶりは、まさしく、戦争を体験した人のようです。生き残ったことに負い目を感じていること、だから幸せになってはいけない、苦悩が素晴らしく、伝わりました。

「あん時の広島は死ぬるんが普通で、生き残るのが不自然だったんじゃ」

「生きてるんが申し訳のうてならん」

こんな台詞、いくら演技でも、そう簡単には言えないです・・・。

りえさんは、原爆資料や写真を眺めながら、撮影に挑んだそうで、少しでも被爆者の気持ちに近づこうとしたんですね。この作品で女優をやめようかと思ったそうですよ。りえさんの今後の活躍を大いに期待します。

りなっちはこの作品に出逢い、娘として、日本人として、女優を志す者として、本当に良かったです。

|

« 私をドライブに連れてって。 | トップページ | 熱すぎた夜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 私をドライブに連れてって。 | トップページ | 熱すぎた夜 »