« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

『茉 莉 花 開』

『ジャスミンの花開く』

04 

大好きなアジアの宝、チャンツィイーの映画を拝見しました。

デビュー作『初恋の来た道』からキラキラ光ってはいましたが、『グリーンデスティニー』『HERO』『LOVERS』そして『SAYURI』で国際派女優になったチャンツイィ。今回の『ジャスミンの花開く』は、『初恋~』を思い出させてくれるような、作品でした。

監督はチャンイーモウ作品『初恋~』のカメラマンとして知られる、ホウ・ヨンの監督デビュー作になります。どこか懐かしく、作品全体にしっとりとした重みと内なる激しさのようなものを感じました。

02 

STORY

チャンツィイーが、30年代から80年代の上海を舞台に波乱の運命を三世代・一人三役で描く恋の物語。娘役を華やかに、気丈に、情感豊かに、恋に生きる人生を演じ分ける。恋するときめきと儚さ、幸せの瞬間と脆さのあとに気づいた大切なもの、それは、命の尊さと自分らしく生きるということ。本作は、失うことの寂しさを乗り越えて、これからの自分を花開かせる、切なくも希望溢れる物語です。

激動の中国近代史を背景に、女性が自分の価値を認識し、自分の運命は自分で決めていく人生、女性の生き方、女性が生きる意義、女性の自立と自意識が映画のテーマとなっています。

05 とにもかくにもチャンツイィーが、熱い!可愛い!妖艶!清楚!美しい!強い!上手い!他

お話が3話なので、色んな彼女が見られます。こうも演じ分けることが出来て、全てに惹きつけられるとは・・・。あっぱれです。特に、胸を打たれたのが、出産シーンです。土砂降りの雨の中、路上で出産するシーンでは、とても感銘を受け、涙が出ました。ただ、とても複雑な涙だったことは間違いありません。それは、主人公に対する応援の気持ちと、チャンツィイーの女優魂の凄さと、今のりなっちだったら、演じれるかどうかという、不安。

でもね、一応ライバルですから・・・。

負けるわけにはいきません。りなっちも、演技で見る人の心を揺さぶるような、ずっと胸の奥に残るような、そんな女優になりたいです。・・・なります。だから、今はひたすら充電。

いつか、りなっちの花開くときまで。

| | コメント (0)

紅の勝負

昨日のプレゼンでのりなっちのテーマは‘勝負’

最近お気に入りのシンシアローリー赤いトップスにスカート。と、2日前に購入したあの‘シンデレラの靴’前髪はキュッと上げて。勝負してまいりました。

演技の役所では、同じバスに乗っていた仲間を事故で失い、喪失しているたくさんの仲間の中、一人、さっぱりと死を受け入れ、嫌な言葉を吐いてしまう。普通にいたらちょ~っと不謹慎?で感じの女の子役です。

客観的に見たら、嫌な子だと思うんですが、りなっちはそこに裏の気持ちを持って演じました。周りには嫌味に聞こえる言葉も、実は強がりであり、何度嘆いても、仲間は戻ってこない。それなら、死を受け止めて、彼の分も生き抜こう!そんな心持ちで演じました。

役作りでは、こうしたらいいかな、ああしてもいいな。なんて、何度も何度も試行錯誤し、作っていきますが、やっぱり作り上げていく時間が面白いです!自分でこうだ!と決めても相手の反応がこうだから、じゃぁ、こっちのほうがいいかな。とか。(こそあど ばかりで面目ない・・・) 作っていく過程がほんとに楽しくて楽しくて((((*≧▽≦)~~~

おかげさまで本番も集中してできました

ある方に、嫌な女の子演じてたね。と言われ、演技で奥の気持ちが出せていなかったのだと反省。まだまだ未熟まだまだです・・・・・・。..、)

小打ち上げに、いつもお世話になっている唄の先生とシンガーの子と、お茶の水の沖縄料理屋さんに行きました。

Cimg3967

・ ラフティー ←コラーゲンいっぱい!

・ 海ぶどう ←ぷちぷち食感がたまりません。ネーミングも好き。

・ 島豆腐のダイコン生春巻き ←島豆腐がまるでクリームチーズのように濃厚でクリーミー

・ ソーキそば ←お上品なダシが◎

・ アボガドのたこライス ←シャキシャキレタスとアボガドとお米のハーモニーが最高。

・ 杏仁豆腐 ←有頂天!(((^(^(^▽(^▽^)▽^)^)^))) 

Cimg3965

をたらふく頂きました。え(*×m×)食べすぎ!?

ちょっと・・・散歩に行こう。そうしよう。

| | コメント (0)

ガラスの靴で・・・

昨日、稽古から稽古へ、表参道をトコトコ移動中に…何気な~く入った靴屋さんで、とってもステキなサンダルと出会いました。

悲しいかな…8才からトウシュ−ズを掃いてて、なってしまった外反母趾と甲高の足、剣道で鍛えられた足裏(足幅)でなかなかピッタリサイズの靴がありません。が、そのサンダルはまさに!

シンデレラのガラスの靴!

スポっとりなっちの足に納まりました。 上品な感じ~。(*^∇^*)即お買い上げてしまいました♪

そして

今日はちょっとしたプレゼンテーションがあります。

本日はチョコっとお芝居と、前回公演した、『キャバレーザビエル』の抜粋を踊ります。『嫌われ松子』のサントラのBONNIE PINKの『LOVE IS BUBBLE』がめちゃ気に入っちゃいまして、新たに振り付けて、4曲踊っちゃいます!!!!!!!!!┌(*゜▽゜*)┘♪└(*^▽^*)┐

ほのかに緊張。ではではがんばってきま~す(〃^▽^)ノ

| | コメント (0)

2006 FIFA W.C.

2006 FIFA W.C.

ドルトムントより生写メです。試合中テルも頂きまして、生声も聞きました。ほとんど聞こえなかったけど…。 試合終わって、俊輔の涙といつまでも立てない中田英寿が印象的でした…。つられて泣いてしまいました。 悔しい。 悔しい。 悔しい。

でも感動した!悔しさをバネに頑張ろう!そしてありがとう。 りなっちも頑張る!('ω')RINA★U

| | コメント (0)

絶対に負けられない試合がある

o(・∀・o)(o・∀・)oいよいよですね!!!!

りなっちもユニフォームを着なきゃヽ(◎・`ω・´)v!みなさんはどこでサッカーをご覧になるのでしょう?

ちょいと最近、実家を離れ、都心のほうで生活しているのですが、ここからは東京の夜景がきれいに見渡せます。六本木ヒルズも、東京タワーも、白金高輪も。そして、やっぱり決戦の日だけに、マンションの部屋の明かりはいつもより多く点いています。

先ほど、夜のお散歩をしに1時間ほど歩いてきたのですが、サッカー観戦のため、スポーツバーや、飲み屋さんが賑わいを見せていました。いいですね、このドキドキ感!

実は、友人がドイツに旅立っていまして・・・、しかも別々に2人も。そしてドルトムンとから電話をくれると言うのです。受話器を通して、あちらの雰囲気を少しでも感じてみようと思っています。・・・にしても、うらやましい。

がんばれ!ニッポン!

数時間後、勝利の記事が書けることを願って・・・☆

| | コメント (0)

Precious☆Time

来週に迫った、ちょっとしたプレゼンテーションに向け、ただ今レッスン中の理奈っちです。サッカーや映画や読書もいいけど、やはり稽古しなきゃね・・・。ってことで、残り数日間でテンションも質も上げていかなあかんねん。

プレゼンではシリアスな芝居とダンスをお披露目します。ダンスはもちろん振り付けもやって。「あぁ、やっぱりものづくりって楽しいな、嬉しいな。」エンターテイナーの端くれですが、早く花道を歩きたいものです。のためには、前に進むしかないのです。

先週の父の日は如何でしたか?りなっちは最近新しく出来たイタリアンへ食べにゆきました。シチリアを思わせるその真っ白な外観と、白を基調とした、大きな天窓のある内観はとてもオシャレ。ここはど・こ?("▽"*) あひ~

りなっちは、ポルチーニ茸とかぼちゃのスープと、白身魚とオリーブのグリル白ワインをオーダー。お魚大好き人間なのでとっても幸せな気分でいただきました。猫のきもちが分かるニャ(=`ェ´=)

Cimg4039 Cimg4042 

デザートは

苺とアールグレイのタルトとコーヒー(*^¬^*)Cimg4044_1 

父よりもりなっちの方が満腹、満足しちゃって・・・・・・。でも家族揃ってご飯が食べられる事って幸せですよね。当たり前のようで、失われつつある貴重な時間に感謝。

| | コメント (0)

『嫌われ松子の一生』

今話題の監督、中島哲也監督(「下妻物語」)の作品、

『嫌われ松子の一生』

を昨日観て来ました。

Photo 「私は松子を演じるために、女優という仕事を続けてきたのかもしれません。」BY中谷美紀さん

中谷さんに共感。ヒトには色んなタイプの人がいます。褒めて伸びる人、逆に堕落する人。甘やかす⇔厳しくする。

『松子』では、中島監督が厳しい方だったようで、撮影中、中谷さんは死ぬほど大変な思いをしたようです。監督からの愛の鞭が毎日毎日続いたそうな。何回テイクを重ねても、OKが出なくて、「女優辞めろ・降ろすぞ・同じじゃねえか」などと言われたそうです。でも立ち向かっていく。同業者としては、やはりいいものを、納得させられるものを常に表現していたいですからね。中谷さんは、監督のOK出るまでこれでもかこれでもかと勉強されたのではないかと思います。

STORY*

女の子なら誰だって、お姫様みたいな人生に憧れる。

昭和22年・福岡県大野島生まれの川尻松子も、そのひとり。でも、現実は…

20代で教師をクビになり、エリートから転落して家を飛び出しソープ嬢に。やがてヒモを殺害して刑務所へ…。

壮絶な不幸に揉みくちゃにされながらも、誰かを愛し、その人だけを信じて突き進む…、傷ついても、傷ついても愛する人への思いを胸に夢を見つづける松子。誰がどう考えたって不幸な人生なのに、彼女にとってはすごくハッピー!最後の最後まで夢見ることをやめなかった松子。

続々と登場する濃いいキャラと、松子のどん底人生っぷりと、面白おかしくしたマンガのような映像が見ものです。

10347652

映画館は平日昼間なのに満席に近かったです。ご覧になる方はお早めに。



「理奈っちも松子のように一生を100%生き抜きたいです」

| | コメント (0)

『たそがれ清兵衛』

Seibei01_800 アカデミー賞外国語部門賞にノミネート!

『たそがれ清兵衛』

監督:山田洋次

出演:真田広之、宮沢りえ、大杉漣他

あらすじ:時は幕末の庄内。梅坂藩の平侍の清兵衛(真田)は城での勤めが終わると、酒の誘いも断り、真っ先に帰る。毎日たそがれ時に帰る清兵衛を、みなは“たそがれ清兵衛”のあだ名を付け、笑った。

家には母を病でなくした幼い娘2人と、老いた母がおり、極貧しい生活を送っている。 しかし、清兵衛はそんな毎日に幸せすら感じ、静かに暮らしていた。

そんな中、かつて想っていた幼馴染の朋江(りえ)の危機を救ったことで、清兵衛の剣の腕が城下で噂になり、藩命により、果たし合いに向かうことになるが・・・。

Photo_big_01 

*******************

真田広之さんがとても役にはまっていました。形振り構わず、他人と幸せを比べるでもなく、侍として、親としての人生を歩む。でも、サムライのはしくれだから、主君の命令は守り、命を投げ出さなければならない。そんなサムライの葛藤がとても繊細に伝わってきました。「たそがれ!頑張れ!」仕舞いにゃ身近に感じて応援しちゃったし・・・。

ここ数年で“武士道”だとか“サムライ魂”という言葉や本を耳にするようになりました。一言でこんなことだよ、とは言えないけど・・・。こんなことなのかなぁ↓↓↓考えてみました。

男の凛とした精神、男同士の深い友情、愛する人へ信じる心、つつましく、まっすぐ、潔く、誇りを持って生きる様子。

この作品には、日本人が失いかけているココロ、精神がしみじみと描かれています。どこかあったかい気持ちにさせてくれる映画です。ナデシコもサムライの方々も日本人は必見ではないでしょうか。

| | コメント (0)

6.11

今日はパパとママの記念日です。

キャー,,,((/*~▽)乂(▽~*\)),,,キャー

二人が出逢って、恋に落ちて、結婚していなかったら・・・、もちろんりなっちはいないわけで・・・・・・。何周年なんだろ。父に尋ねると、ハニカミながら、忘れたと。二人でフランス料理屋さんでお祝いしてきたそうです。

りなっちはささやかながらケーキを贈りました。

Cimg4035

マンゴーココナッツムースにショートケーキにミルフィーユショート

(プレートはナゼか誕生日用・・・。)

二人仲良く、いつまでも元気にいて下さい。娘より。

| | コメント (0)

熱すぎた夜

2006年6月10日曇り時々雨IN原宿。

原宿の地に降り立つ。

竹下通りの人ごみの中クレープを食べて、いよいよ戦闘態勢に入る。

ayumi hamasaki

ARENA TOUR 2006  

 ~(miss)understood~

待ちに待ったこの日。2週間前からドキドキして興奮していたりなっち。なぜか、カラオケに通い、イメトレをしたりして・・・。ナ・ゼ?今回はどんな演出で、どんな衣装で、何を魅せてくれるんだろう?

チケットを握り締め、中へ。座席は2階北E8列14番。会場はもはや熱気に包まれていて、照明や熱気やらで、ライブ前の独特な雰囲気が流れていた。

18時30過ぎ・・・

照明が落とされると、そこはもはや興奮の絶頂に。お客さんの持つペンライトだけが青く光り、それが本当に本当に綺麗で、「たった一人でこんなにたくさんのファンを集められるなんて・・・(;▽:)あっぱれ」と潤んでみたり。

始まりから飛ばしまくりの、ぶっ放しまくり。バラの花の装置の中から出てきたり、宙吊りで逆さまになりながら歌い倒したり、マジックを見せたり、上から雨を降らせたり、まさに一大エンターテイメント。

「やぁらぁれたぁ~~~」

あゆで吹き矢に胸の深いとこまで吹かれた感じ。

いや、バズーカ砲でドッカーンって打たれた感じ。

いやいや、妖精が魂持ってっちゃう感じ。

何にせよ、やられたことに変わりない。

同じ表現者として、自分のやりたい事を貫いてるあゆをかっこいいと思う。見せたいように見せる。伝えたい事をやる。やりたい事をやる。妥協は一切しない。これでもかこれでもか!ってすごいあゆの世界を押し付けられた気がする。

でも・・・それは当たり前な様で難しい・・・。

自分のチカラではどうも出来ないときや、妥協してしまうときがある。でも、あゆは思い描くイメージが頭の中にあって、それに近づくために走り続けているように見える。努力・研究・実行・感謝。そんなあゆをやはりすごい人だと思うし、その生き様、姿勢を習っていきたいと思う。

Cimg3941_1ありがとう、あゆ。

りなっちより。

| | コメント (0)

『父と暮らせば』

りなっちのリスペクトしている女優さんのひとり、宮沢りえさんが2004年にブルーリボン賞の主演女優賞を受賞した作品

『父と暮らせば』を観ました。

Intro

監督:黒木和雄

出演:宮沢りえ、原田芳雄、浅田忠信

物語:「おとったん、ありがとありました」

舞台は1947年夏。原爆投下から3年経った広島。原爆から独り生き残った後ろめたさから自らの幸せを拒否して生きると、幽霊となり彼女の恋を懸命に後押しするとの4日間の交流を優しく綴ったヒューマン・ドラマ。

何年か前に、岩波ホールにて観ましたが、本当にず~っと心に残っている一作で、きっと一生忘れません。この映画に出逢えて本当に良かったです。i映画館に入ると、沢山の千羽鶴がかけられてあり、りなっちも鶴を折ってきたのを覚えています。

出演人数わずか。ほぼ父と娘の2人芝居で物語は展開していきます。2人の広島弁が耳障りがいい。戦争レクイエム作品なのに、戦争の惨事やリアルな絵はまったく出てきません。重いテーマなのに、父親のユーモアあふれるダジャレで、むしろクスっと笑えます。

宮沢りえさんの演技もとってもいい。細い身体からにじみ出てくる、ヒロインぶりは、まさしく、戦争を体験した人のようです。生き残ったことに負い目を感じていること、だから幸せになってはいけない、苦悩が素晴らしく、伝わりました。

「あん時の広島は死ぬるんが普通で、生き残るのが不自然だったんじゃ」

「生きてるんが申し訳のうてならん」

こんな台詞、いくら演技でも、そう簡単には言えないです・・・。

りえさんは、原爆資料や写真を眺めながら、撮影に挑んだそうで、少しでも被爆者の気持ちに近づこうとしたんですね。この作品で女優をやめようかと思ったそうですよ。りえさんの今後の活躍を大いに期待します。

りなっちはこの作品に出逢い、娘として、日本人として、女優を志す者として、本当に良かったです。

| | コメント (0)

私をドライブに連れてって。

先週の土曜にDriveしました。 

ここが東京?(○_○;)イエス東京ザンス!東京の奥の奥、深緑の奥多摩・山梨へ行きました。マ−チに乗って、水筒持って、CDかけて、どこまでも。

まずは都の天然記念物に指定されている  日原鍾乳洞へ。

入り口はまるでお化け屋敷。薄暗い中から寒~い風が吹いており、入るのにだいぶ勇気が要りました。 なななんと!中の気温8度! さみぃ ((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル 

ここで鍾乳洞とは何かお勉強です。

鍾乳洞:悠久の時を経て、自然が作り出した洞窟のこと。地下水が石灰岩の侵食を繰り返すことで発達。天井から下がるつらら状に垂れ下がるものが鍾乳石。床から上に向かって積もり固まるものを石筍と呼ぶ。1センチ伸びるのに70~130年かかる。

21 15        16

                        

気分はインディジョーンズ。

ポッケに手を突っ込み、震えながら巨大地下空間を40分ほど探検しました。弘法大師が修行したと言われる空洞や、カエルの形をしたガマ岩など・・・神秘的、幻想的な世界に酔いしれました。

さぁ奥多摩湖を通過し山を越え、県越えです。

東京のお隣りは山梨県。 ほうとうが食べたぁい!!!ってことで、 やって来たズラ山梨県は甲府市ズラ。

今夜は『お食事処 つるかめ』さんのほうとうをいただきます。実は初めてではないのです。こちらのほうとうが大好きで大好きで(T∀T)。

Cimg3932 ☆☆☆☆☆ 五ツ星

味噌味で、 お肉、かぼちゃ、里芋、山菜、にんじん、油揚げが鉄鍋に入っています。

きっと世界一のほうとうであろう。りなっちが太鼓判を押します。甲府にお立ち寄りの際は是非とも“お食事処 つるかめ”へ足をお運びください。

つるかめさんの並びにりなっちの大好きなビーズアクセサリー屋さんがありました。今日の日の記念に・・・?お兄さんに技を伝授してもらって、インスピレーションでこんなの作っちゃったよん↓Cimg3935_1 

サンゴとマザーオブパールのピアス。夏を意識して。IN甲府6月。

とっても楽しいDRIVEでした。次回は江ノ島・湘南辺りがいいなぁ。

|

拝啓 ダ・ヴィンチ様

キリスト教の根幹を揺るがし、ヨ-ロッパの歴史を塗り替えた世紀の問題作ダ・ヴィンチ・コ-ド』しかと拝見いたしましたただただ興奮冷めやらぬ2時間32分でした。

Gallery05_ph

| | コメント (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »