« 腹踊り | トップページ | 金キンきらきら金メダル☆彡 »

『花とアリス』と理奈。

Photo 『花とアリス』

監督:岩井俊二

キャスト:鈴木 杏  蒼井優

STORY:

高校生たちの揺れ動く心情を繊細なタッチでつづった青春ドラマ。あこがれの先輩を「記憶喪失」だと信じこませ、つき合い始める花と、親友アリス。3人の微妙な思いがもつれていくが・・・。

岩井監督代表作:「リィリィ・シュシュのすべて」「スワロウテイル」 

観終わって、ノスタルジックな映像を残す人だなぁ~!!!と感嘆しました。映写機で映したような映像から、ふんわりと優しい人なのかな。なんて思ってみたり(想像) 

物語に感動するとか、興奮するとかではないんだけど、ホワッと胸が温かくなり、ほろ苦い気分になりました。

そして、なんと言っても、蒼井 優ちゃんが素敵でした。彼女は明るさの中に、どこか影を持った少女で、女性と言うにはまだ早い、でも女の子と言うには遅い、そんな女優さんです。透明感とか、憂いとか、とってもとっても光って見えました。でも、それを観客に押し付けるわけじゃなく、なんて言ったらいいだろう。。。演技なのか、素なのか周りに溶け込んで、自然ににじみ出る表現。が良いです。

ラストに2歳から習っていたバレエを披露しているのですが、文句なしに美しいぃ!!!!!映画では紙コップを足先にはめて、ガムテープでぐるぐる巻いてトゥシューズの代わりにするんだよ。

これぞバレエ。理奈っちはウルルンで「♪骨折れダンス」とか言われ・・・。お恥ずかしい限りです。やろう!バレエ!復活じゃ!

そう言えば「男たちの大和」の彼女もいいなぁ~と思いました。注目株でやんす!

|

« 腹踊り | トップページ | 金キンきらきら金メダル☆彡 »