« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

ナマステ~

インドへ行ってきました。ヨガをしに。

ハイ・・・。嘘っス。

インドと同じ気候でヨガをしてきました。お友達がヨガのインストラクター(略してイントラ)をしているので、体験してきました。

あついっ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

インドと同じ温度と湿度にされた中で約60分。1時間で水を1.5リットルも飲みました。しかし気持ち良かったぁ。これでもかこれでもか!って汗が吹き出てきて、健康にダイレクトに通じてる気がします。ポーズの繰り返しと瞑想をします。瞑想中に先生がアロマを振りかけてくれるんですよ。本日はグレープフルーツとライムのアロマでした。

ナマステ~

明日はあのカリスマメイクアップアーティスト嶋田ち○きさんにメイクをしてもらいます!!!こんな幸せな事って。(:▽;)ない。

盗ませていただきます。そのメイク術!

| | コメント (0)

金キンきらきら金メダル☆彡

荒川選手!ついにやりましたね〜!おめでとう いやぁ〜ヒトってこうも変われるのか!ってほど輝きを放っていました。どんどん顔付きが変わっていく荒川選手は本当に美しくなりました。 イナバウワ〜。サイコ−だわ〜。採点方法により直接加算されない技をあえてやっちゃうあたり、カッコイイです。変に慎重&無難にやるよか、潔くて素敵!「わたしらしいでしょ〜」みたいな。(○_○;ダイブコウフンシテマス)芸を目指す者にとっては忘れてはいけない情熱ではないかしら。 理奈っちも自分オリンピックにて、金メダルをあげられるようベストを尽くします。('ω')RINA★U

| | コメント (0)

『花とアリス』と理奈。

Photo 『花とアリス』

監督:岩井俊二

キャスト:鈴木 杏  蒼井優

STORY:

高校生たちの揺れ動く心情を繊細なタッチでつづった青春ドラマ。あこがれの先輩を「記憶喪失」だと信じこませ、つき合い始める花と、親友アリス。3人の微妙な思いがもつれていくが・・・。

岩井監督代表作:「リィリィ・シュシュのすべて」「スワロウテイル」 

観終わって、ノスタルジックな映像を残す人だなぁ~!!!と感嘆しました。映写機で映したような映像から、ふんわりと優しい人なのかな。なんて思ってみたり(想像) 

物語に感動するとか、興奮するとかではないんだけど、ホワッと胸が温かくなり、ほろ苦い気分になりました。

そして、なんと言っても、蒼井 優ちゃんが素敵でした。彼女は明るさの中に、どこか影を持った少女で、女性と言うにはまだ早い、でも女の子と言うには遅い、そんな女優さんです。透明感とか、憂いとか、とってもとっても光って見えました。でも、それを観客に押し付けるわけじゃなく、なんて言ったらいいだろう。。。演技なのか、素なのか周りに溶け込んで、自然ににじみ出る表現。が良いです。

ラストに2歳から習っていたバレエを披露しているのですが、文句なしに美しいぃ!!!!!映画では紙コップを足先にはめて、ガムテープでぐるぐる巻いてトゥシューズの代わりにするんだよ。

これぞバレエ。理奈っちはウルルンで「♪骨折れダンス」とか言われ・・・。お恥ずかしい限りです。やろう!バレエ!復活じゃ!

そう言えば「男たちの大和」の彼女もいいなぁ~と思いました。注目株でやんす!

|

腹踊り

ベリ-(Belly=腹部)  ダンス

を習い始めました!!!!!!!!!!

ベリーダンスについて。

エジプト・トルコ・アラブ全域で踊られる女性によるダンス。オスマントルコに始まり、その後400年のオスマントルコによるアラブ支配の中でアラブ全域に広がったというのが、現在の一般的な説。らしいです。オスマントルコの王宮の奥深いハーレムに仕える女性達が、王のために踊ったのが始まりとされています。アラブの音楽に乗せて踊ったり、ベールを使ったり、剣を持って踊ったりもします。

ベリーダンスの独特な動きであるシュミ(腰を震わせる動き)や胴体をくねらせる動きの原型は、砂漠が広がる中近東の気候風土の中で生まれたもの。砂地の上ではステップを踏んだり回ったりすることは困難なため、その場で腰や胴体を使って踊るようになりました。その動きは、ラクダや蛇などの身近な生き物の模倣から生まれたものや、胸や骨盤など女性の体型を生かしたものです。

↑こんな踊りを始めました。しかも最近思い立ってすぐに。夢でお告げのようなものを聞いたの。コレほんと。

練習ではおなかを丸出しにして、腰にシャラシャラという音の出るコイン?がたくさん付いた布を巻いて、裸足で練習します。おなかをクネクネ、腰をフリフリ。優雅~(‐∀‐)かぁなぁりぃ楽しかです。

目指せクレオパトラ!!!がんばるぞぉ。

。。。。。。。。。。。。。。

。。。。。(_ _)ZZZ。。。。

。。。。。。。。。。。。。。

さて、最近・・・・・・・・・

眠れませぬ。

トリノオリンピックのおかげで。

いよいよフィギュアスケートも始まり、眠いのをこらえて朝まで見てます。カーペットをHOTにして、毛布をかぶって。新聞配達の音で朝を感じてみたり。眠れない夜は続きます。

ね、ねむひ。

| | コメント (0)

ジュエリーデザイナ−への道

ジュエリーデザイナ−への道

老いてからの夢の一つに「ジュエリーデザイナー」jewelRINNE」を創設することがあります。

昨夜しんしんと雪が降る中もくもくと造りました。

何を?

お正月に購入した淡水パールをテグスに通し、間にピンクゴ−ルドのビ−ズを挟み込んでみました。ほぉぅ(  ̄ー ̄)美しひ輝き☆ 淡水パールとは……養殖の貝殻の中にカクだけ入れて人工的に作らせた真珠のこと 世界にひとつ!淡水パールネックレスのできあがりです。たまにお友達のBDに造ってプレゼントします。ちなみに今週末は母上のBDだっ!親孝行しよう。しょぅ。したい。 ☆ジュエリーの輝きに負けないように☆頑張るのみp(*^-^*)q

| | コメント (0)

テーブルウェア・フェスティバル

で見る目を養おう!と、今日はセンスUPのお勉強会をしてまいりました。フェスティバル初日。IN東京ドーム。

これは1年に1度のテーブルコーディネートの祭典です。日本、中国、イタリア、ロシア・・・・・など。ブースごとに個性あふれる空間が展示されていて、そこにはハイレベルな美的センスがキラリ☆と光っており、大集合していました。

↓↓↓こんなかんじ

Cimg3457          イメージは‘雨’の食器たち

 Cimg3458 左)角砂糖を積み立てて作った砂糖入れ&フォ‐ク置き

Cimg3473    テ‐ブルとお花のコ‐ディネ‐トが最高

 Cimg3483 階段付き!ガラスの置物と、ひつじ?一匹

 全体のバランス、遊び、色味、ポイント。全てに意味がある飾り。作り手が込めたであろう思い。食器の置き方ひとつで随分と変わってくるものです。

発信側のこころを読めたときに感じる、小さな幸せがたくさん集まった今日でした。今日というセンスある日の記念に、コーヒーカップとアロマキャンドルを買いました。もちろん、ハーブティーを飲みながら、キャンドル灯しながら、ブログ中〔 -ω-〕Φぱそぱそ

Cimg3467 奥が理奈っちだよん。

| | コメント (0)

『男たちの大和』

Photo

そこには3333名の男たちがいた

『男たちの大和/YAMATO』
を見て参りました。招待券を頂戴していたのをスッカリ忘れて…上映最終日に慌てて行ってきました。 一言でいうなら…

「疲れた」

泣き疲れ、見疲れ、心臓疲れ。最初からボロボロ泣いていたし、あまりの迫力に圧倒され、戦争という悲惨さに、ヘトヘトです。

ストーリー
昭和16年10月、極秘のうちに誕生した「大和」の予行練習が初めて行われた。12月、太平洋戦争突入。そして戦況が悪化した、昭和24年4月、大和は3333名の男たちを乗せ、沖縄への特攻に出撃した。日本国と運命を供にした大和の過酷な戦いと人生の物語り。

戦後60周年。私は戦争を知りません。それはきっと幸せな事なんだと思います。ただただ自分の夢を追って、好きな物を食べて、欲しい物を買って…甘い蜜を吸ってのうのうと生きてる私。生きている事が当たり前で、命の尊さすら忘れてしまう時があります。ご飯を食べる、家に帰る、お風呂に入る、家族がいる、全てがあって当たり前の毎日。

大和の世界は違いました。お国のために!上官の命は絶対で、個人気持ちや存在はありません。「生き延びる事より、死んで後の幸せを導こう」←印象的な台詞でした。 それでも、大和の隊員は無敵艦隊大和に乗れる事に誇りに思い、戦友を尊敬し、命燃え尽きるまで戦いました。 戦争を忘れてはいけないです!こんな過去があったんだ、と頭の片隅に置いとくだけでもいい。私はこの映画を通して、親や友達への思いやる心を改めて考えることが出来ました

男たちの大和
みなさんに絶対見てほしい作品です。
実力派俳優が沢山出演しています。こちらも要チェケ。

|

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »